出来ることから始めなさい。第一歩から始めなさい。いつも必ずこれ以上できないという限界があります。あまり多くやろうとすると、何事もなし得ないでしょう。 (ウスペンスキー&グルジェフ)

スクリーンショット 2016-05-28 15.52.38
思想家のピョートル・ウスペンスキーとゲオルギイ・グルジエフの言葉を読むと
理想を追い求めるだけでではダメなことがわかります。
目標をつくったら、最初の一歩を踏み出すことが大事なのです。
一度に多くのことをやろうとすると長続きしません。
小さなことから始め、コツコツやることを習慣にすれば、やがては結果が残せるようになります。

このブログを書き始めてから、5年以上が経過しました。
いつも前進していくことを意識しながら、毎日書き続けていたら
いつの間にか5年以上経過していました。
大量の記事がストックされたことで、私はこのブログから自信を得ています。
今ではWordPressを朝一で開くことが当たり前になり
ブログからエネルギーをもらっています。
小さなことでもやり続けていれば、良いことが起こり始めます。
ブログ経由でいろいろな人脈を手に入れ、面白い仕事を引き寄せてきました。

良い習慣も一度止めてしまうと元に戻すのはとても大変です。
せっかく結果がで始めたのですから、やめてはいけないのです。
私はブログをやめないために、朝一でブログを更新するようにしています。
継続していく習慣をいったんつくってしまえば、あとは書くのが当たり前になります。

また、ブログの読者の方からのフィードバックをもらうことで、やる気をチャージできます。
人に貢献していると考えられると、書くことが楽しくなります。
誰かの役に立ちたいという気持ちを持つことも、習慣化には大事なことなのです。
私は読者の方々の顔を思い浮かべながら、記事をアップするようにしています。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
このブログの関連記事はこちらから

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。
     
     

photo credit: Happiness via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る