メモを書いても、どこにしまい込んだかを忘れてしまうし、それ以上にメモを書いたことすら忘れてしまう。しかし、メールだけは誰でも必ず1日に1回はチェックするので、そこに自分が書いたメモが送られていたら、間違いなく読むし、忘れずに行動することができるというわけだ。つまりメモはメールにして自分に送るに限る。(成毛眞)

スクリーンショット 2016-05-23 6.05.01

HONZ代表の成毛眞氏のこのメール活用法を私も実践しています。
新刊のこれが「買い」だ:私のキュレーション術このメッソドを使えば
ブログの記事のネタに困らなくなります。

Kindleで読書をしている方なら、お分かりになると思いますが
KindleのiPhoneアプリなら、本の中の気になった文章を指定すれば
その内容を簡単にメールで送信できます。
著者の言葉で刺激を受けた箇所があれば、ブログに使えると考え
躊躇せずにメールで自分宛に送るようにしています。
メールのタイトルは全てブログで統一し、後で検索しやすくしておくのです。

成毛氏が言うように、メールは1日1回はチェックしますから
ブログと言うタイトルのメールを見落とさないようにして
どんどん記事の下書きに使っていくのです。
読書中に記事のネタを見つけたら、ブログの備忘録として
自分宛にメールを送るようにすれば、ネタに困らなくなります。
毎日、忘れずに書くことを習慣化すれば、記事がストックされるようになります。

これが「買い」だ 私のキュレーション術
価格:1404円(税込、送料別) 

自分が気になった情報があれば、写真や動画を使うのもよいと思います。
あなたが刺激を受けたモノを一日に一回振り返ることで
脳がその情報を整理することで、後々その情報が役立ちます。
イメージを活用することで、記憶が鮮明に蘇る効果があります。

メールで確認した情報が他の体験や情報とつながり、アイデアを生み出してくれるのです。
また、やらなければならないタスクもメールに送っておくと、自ら行動できるようになります。
メールをスモールアクションや習慣化のキッカケに活用すれば、自分を変えられます。

気になった情報があれば、自分宛にメールを送ることを習慣化すれば
ブログを毎日書くためのネタに困らなくなります。
ブログ記事が増えれば、良いことが引き寄せられてきます。
成毛氏のメールメッソドをモデリングすることで、私たちは幸せになれるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
成毛氏の関連記事は、こちらからお読みいただけます。

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    
     

photo credit: E-Mail via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る