• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最高のダイエット法はもっともシンプルであるはず。わたしは自分に問いかけた。食生活をひとつだけ変えてカロリーをもっとも少なくするとしたら、なにを変えればいいのだろう。誰しもその人だけのひとつがある。わたしの場合は砂糖だった。1日にアイスクリームをボウル3杯食べることもあった。それを変えれば、ほかのことはいままで通りでうまくいくはず。砂糖をカットするというたったひとつのことで最大のリターンを得るのだ。(ピーター・ブレグマン)

スクリーンショット 2016-05-26 8.54.32

最高の人生と仕事をつかむ18分の法則の著者のピーター・ブレグマン
ダイエットプログラムも確実に実行できるように
シンプルなルールを自分に課せば、成功できると書いています。
多くの人はダイエットを複雑で難しいものととらえて失敗しますが
このマインドをまずは、変えるべきなのです。

実際、ピーターは砂糖をカットすることにフォーカスすることで
一ヶ月半で体重を8kg落としたのです。
計画を立て、そのスケジュールを守れているかを振り返ることを習慣化することで
人生は確実に変えられると言っています。
このメッソド(習慣の力)をダイエットに応用すれば、私たちは健康体を取り戻せます。

ピーター・ブレグマンはダイエットとは
カロリーの摂取量を制限することだと言い切ります。
要するに、食べる量を減らすことさえ考えれば、ダイエットは成功するのです。
このシンプルなルールを脳に刷り込み、行動すれば
体重は落ち、その後のリバウンドも防げます。

たいていのダイエットは複雑でささやかな決断を無数に要求するが、それを回避した――計算、計量、選択、決断を放棄した。いくつものステップを踏んで進めたり、レシピを考えたりもしない。人それぞれ、なにがそのひとつにあたるのかはちがうだろう。揚げ物かもしれない。肉の人もいるかもしれない。ソフトドリンクという人もいるだろう。とにかくシンプルに徹することが大切だ。これはダイエットに限らず、行動を変えるということすべてに共通している。要するにダイエットとは、行動を変えるということだ。

ダイエットとは悪い習慣を良い習慣に変えることなのです。
要は日常の生活を改善し、規律を守ればよいのです。
しかし、いきなりハードルを上げても失敗しますから
難しいことは考えずに、一つの課題に集中するのです。
特に食欲のコントロールは難度が高いので、無理は禁物です。
自分にあったシンプルなダイエット法を自分で考え
やれることからスタートしましょう。

痩せるためには、カロリーを減らす!
そのために、自分が何をすればよいかを考えるのです。

よくあるのが、変えようと懸命になり、たくさんのことをやりすぎて疲弊してしまうというパターンだ。それではいけない。それよりも、最大の効果を得られるたったひとつのことを考えてみる。時間をかけてそれを見つけ、労力をその一点に100%集中させればいい。

やるべきことを決め、一つのことに集中する!
このシンプルなルールを守ることがダイエットでも効果があるのです。

かくいう私も一年前に3ヶ月で13kg体重を落としました。
カロリーコントロールが効果がありそうだと本で学び
プチファスティングをスタートしました。
食事の回数を1日1食に制限して、
カロリーを減らすことだけを考えました。

夜一回だけに食事を制限し、バランスのよいメニューを心がけましたが
すぐに、健康のために痩せることを決めてたので、すぐにこの生活に慣れました。
このファスティングだけで、最初の一ヶ月に8Kg体重を落としたのを覚えています。
これが自信になり、プチファスティングを習慣化できたのです。
最近では、朝軽く野菜やナッツを食べていますが
晩御飯中心の食生活を続け、体重も大学時代のベストな体重をキープしています。

ダイエットを始めるなら、難しいことは考えずに
まずは、どうカロリーを減らすかを考えてみましょう。
自分に合った方法を見つけることが、ダイエットの早道だと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
ダイエットに関する関連記事はこちらから

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    
     

photo credit: stop… Enjoy Your Life via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る