できると思った人は、できる方法を探す。できないと思った人は、できない理由を探す。(福島正伸)

スクリーンショット 2016-06-04 15.41.44

できない言い訳をしません。やると決めたら、どうしたらできるかだけ毎日考えます。 それが不可能を可能にする秘訣であることを知っているからです。

毎朝届く、福島正伸氏のメルマガから、私は勇気をもらっています。
「なんでもできる!」と自分の力を信じることで、私たちは行動を起こせるようになります。
可能性を信じて、積極的に考えたり、チャレンジしているうちに
カラーバス効果で、いろいろなヒントが見つかるようになります。

最近、立て続けにクライアントとのミーティング後の雑談から
悩んでいた問題への解決策をもらっています。
「こんな面白い人、知りませんか?」とか
「◯◯のスペシャリストをご存知ないですか?」と質問したら
ドンピシャな人を紹介してもらえて、ビジネスが上手くいくことが多いのです。

特に良いミーティングができた後の雑談後に、良い人を紹介いただいています。
クライアントとの関係が良くなれば良くなる程、ネットワークが拡大していきます!
面白い話は友人の友人から運ばれてくることが多いので
人とのご縁を大切にしていくことが成功の鍵かもしれません。

「夢」が「現実」に変わる言葉 [ 福島正伸 ]
価格:616円(税込、送料無料)

出会いは64億分の一の奇跡

福島正伸氏は「夢」が「現実」に変わる言葉の中で
出会いは64億分の一奇跡なので、大切にすべきだと言っています。
できる!と信じて、アクションを起こすことで
周りの人たちが応援してくれるから、私たちは夢を達成できるのです。
誰かのサポートがなければ、私たちは成功できないわけですから
人とのご縁を大事にしなければなりません。

今の自分があるのも世の中のおかげなのですが
人は自分の力を過信して、なかなかそうは思えません。
自分の慢心を防ぐためにも、福島氏の言葉に意識を向けたいと思います。
最後に私が大好きな福島氏の言葉を紹介して、今日のブログを終わります。

人間社会には 一つの法則があります。 それは「自分がやったことが 自分に返ってくる」 という法則です。 他人が自分に対して 何をしてくれるのかは 自分が他人に対して 何をしてきたのかの 裏返しということです。 そう「他人は鏡」 なのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
福島正伸氏の関連記事はこちらから

私の好きな本と私の著書を以下にピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。
     
     

 

photo credit: SUNRISE ON DIENG HIGHLAND via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る