ビジョンというのは頭の中の「映像」です。モノクロで画質が荒いものではなく、フルカラーで高精細度な美しいビジョンを想い描いてみましょう。(コボリジュンコ)

スクリーンショット 2016-06-06 9.55.06

毎週月曜の朝イチに届くコボリジュンコさんのメルマガを私は楽しみにしています。
朝4時に届くのですが、毎週私はここから元気をもらっています。
コボリさんのエッセーと1週間のブログ記事をここで振り返ることができるので
とても価値のある有料メルマガだと思い、定期購読しています。
冒頭の言葉も今日の有料メルマガで見つけました!

コボリさんが言うように私も目標を作る時には、その夢を映像化しています。
できるだけカラーにすることで、イメージを強化していきます。
細かいところまで映像でイメージすると、具体的になり実現スピードが速くなります。

私が自分の未来について考えるときは、フルカラーで音声付きで、さらには風を頬に感じるぐらいリアルに想い描いています。

また、忘れたい嫌な感情がある場合には、その記憶をモノクロにして
小さく折りたたんで、ゴミ箱に捨てるようにしています。
これで嫌な感情からも離れられるようになり、気分をいつでもハッピーにできます。
このメソッドは、リチャード・バンドラー博士の書籍3日で人生を変える方法
詳しく書かれていますから、ぜひお読みください。

私は去年13Kgのダイエットに成功しましたが、この時もイメージの力を活用しました。
まず、自分にとっての理想の体重を設定します。
私は大学生の時の58・5kgが最も自分にフィットした体重だったので
この時の自分を徹底的にイメージしました。
大学生の時の写真を見ながら、自分を変えることを決めたのです。
痩せた体で、家族と楽しむ映像を頭の中で何度も何度も繰り返して
自分の潜在意識の中にダイエットの成功をすりこみました。

次に、ダイエット関連の書籍を大量に読んで
自分に何ができるのか?を考え、動き始めました。
本を読み、良いと思った内容をブログで整理しながら
1日1食のファスティングとバランスの良い食事を心がけるようにしたのです。

自分が動けば、必ずなにかしらの反応が得られます。 ヒントを見つけられることもあるし、誰かが手助けしてくれることもあります。

ダイエットを始めたことをブログで宣言したことで、私は後には引けなくなりました。
書籍や記事で良いと思ったこと(グルテンフリー、Apple Watch)を
次々取り入れることで、私はあっという間に体重を落とせました。

また、多くの人からよいアドバイスをもらえるようになりました。
エクササイズや食事について専門家から、いろいろ教えてもらうことで
あまり無理することなく、自分のペースで健康な体を取り戻せたのです。
結局、3ヶ月後には自分のイメージ通りに58・5kgの
理想の体型に自分を変えることができました。
映像で具体的にイメージを作り、行動を起こせば、ダイエットも成功できるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
コボリジュンコさんの関連記事はこちらから

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    
     

photo credit: The Shard in London via photopin (license)</a

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る