私たちは不屈の精神を、長期目標における忍耐力と情熱と定義しています。この精神が備わっていれば、失敗、逆境、停滞などの場面でも精神的にチャレンジし、努力し、興味を持ち続けることができます。不屈の精神を持った人は、まるで、マラソンを完走するように物事を成し遂げます。彼らが他の人より勝ってい人のはスタミナです。それ故他の人にはコース変更や途中棄権しかないと思える場面でも、不屈な精神を持った人は走り続けられるのです。 (ライアン・バビノー・ジョン・クランボルツ)

スクリーンショット 2016-06-08 7.09.41
ジョン・クランボルツ
一歩踏み出せば昨日と違う自分になれる!
ライアン・バビノー・ジョン・クランボルツ著)の中に、gritの重要性が書かれていました。
以前のブログでも紹介しましたが、
成功したいと思うなら
昔からよく言われる根気強さが必要なのです。
ペンシルベニア大学の心理学教授アンジェラ・ダークワース
「不屈の精神」(grit)を持つことが大事だと言います。
ダークワースは、金融、絵画、ジャーナリズム、学問、医療、法律など
様々な分野のリーダーたちを対象に、知能、創造力、才能が同等でも
成功する人とそうでない人とに分かれる理由を探っています。
彼女の研究によると、ほとんどの分野のリーダーたちに共通するのが
このgrit=「不屈の精神」なのです。

個人的な成功は、生まれつきの才能やIQではないとアンジェラ・ダークワースは言います。
私たちがどう生き、どう行動するかが重要なのです。
また、このgritは時間をかけて鍛えられることもわかっています。

オーストラリアの研究結果によると、運動することが自己コントロールに影響するとのことです。
自己コントロールが向上すると、悪い習慣をやめられます。
タバコやアルコールに頼らずに生きられたり、先延ばし癖が直るなど
gritを鍛えると自分を改善できるのです。
この不屈な精神は、筋肉と一緒で使えば使うほど鍛えられます。
私もブログを書くことを日課にしてから、あきらめることが減りました。
今朝も早起きして、この記事を書くことができました。
gritを鍛えることで人生をよくできることを、私はこのブログで日々実感しています。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
ジョン・クランボルツの関連記事はこちらから、お読みいただけます。

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    
     

photo credit: 100% via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る