私は誰かの本当の豊かさを知りたければ、その人の朝食を見ればいいと思っている。ある億万長者と初めて朝食をとったときのことだ。場所は高級ホテルのレストランだった。私はフレンチトーストとベーコンを注文した。ウエイターがミスター億万長者のほうを向いたとき、ブルーベリー、と彼は言った。抗酸化作用たっぷりのボウル一杯のブルーベリーと健康ドリンクだけだった。それとは反対に、私が西ボルティモアのブッカー・T・ワシントン中学校で指導にあたっていたとき、生徒の97パーセントは無料昼食プログラムの対象者で、朝食代わりに袋入りのポテトチップスを食べながら登校していた。(アレック・ロス)

スクリーンショット 2016-06-10 6.58.03

未来化する社会 世界72億人のパラダイムシフトが始まった(アレック・ロス著)の中に
億万長者の朝食がボウル一杯のブルーベリーだったという描写が出てきます。
一方低所得者の生徒は、ポテトチップス一袋というバランスの悪い内容でした。
健康に気を使える金持ちはヘルシーな食事を摂り
貧しい人々はジャンクフードという対照的な話を読んで悲しくなりました。
将来のことを考えれば、子どもの朝ごはんがポテトチップスという現実はあまりに悲しすぎます。

つい最近まで、私の朝ごはんはダイエットのために、ナッツだけでしたが
最近は少し量を増やして、野菜とフルーツを食べるようにしています。
ダイエットでのリバウンドもないので、少し食べる量を増やしました。
相変わらず朝は炭水化物を食べないように注意しています。

朝の食事を少し多めにしたのは、体内時計を正常化したかったらです。
体内時計のひとつの末梢時計を動かすためには、食事がポイントになります。
朝ごはんをしっかりと食べることで、内臓が動き始めます。
朝起きて、規則正しいリズムで食事を摂ると体が素早く目覚めます。
体内時計がちゃんと働けば、代謝も正常に行われ、ダイエットにも効果があります。

野菜・乳製品・ナッツ・フルーツなどを中心にするのが、私の最近のトレンドです。
フルーツでビタミン、ヨーグルトにココナッツオイルでたんぱく質と良質な油
ナッツで繊維質とオレイン酸を摂るようにしています。
ココナッツオイルは体内に溜まった脂肪を燃焼させたり
抗酸化作用もありますから、ミドル世代の強い味方になってくれます。
また、ナッツは腹持ちが良いのも嬉しいです。

私は冒頭のブルーベリーを食べることも意識しています。
ブルーベリーは目の疲れに効果のある「アントシアニン」が含まれています。
この「アントシアニン」は強い抗酸化力があるので
活性酸素を除去するはたらきもあります。
食物繊維も豊富なので、お腹の健康にも良いのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

     
     

 

photo credit: March 16, 2016 via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る