私は努力すればするほど運がよくなることを発見した。(トーマス・ジェファソン)

スクリーンショット 2016-06-22 7.26.37

運が良い人とはどういう人なのでしょうか?
ジェフ・ケラー成長の法則の中にそのヒントが
書かれていたので、今日は簡単にご紹介します。

「運」は誤解されがちな概念である。成功者は運がいいように見えるが、実際はポジティブな心の持ち方と粘り強さによって、自分の手で運をつくり出しているのだ。(ジェフ・ケラー)

オリンピック選手は毎日、何時間も厳しいトレーニングを積んで
やっと非凡なレベルに到達した努力の人たちです。
彼らは、家でぼうっとして幸運が訪れるのを待っているわけではありません。
寝る前にただ願うだけで成功するという引き寄せの力が日本でも流行っていますが
彼らはこの引き寄せの力を使ったわけではありません。
あきらめずに努力を続けたから、オリンピックという表舞台に立てたのです。
確信を持ち、計画を立てて目標を達成できるまで粘り強く改善を重ね
行動を最大化することで、運が引き寄せられるようになるのです。

成長の法則 [ ジェフ・ケラー ]
価格:1404円(税込、送料無料) 

運がよくて成功したように見える人がいるというのは事実である。彼らはタイミングよくいい場所にいるように見える。しかし、彼らは「自分は必ず成功する」という前向きな姿勢を常に持っていたからこそ、チャンスを引き寄せたのだ。ネガティブな人は「どうせダメに決まっている」「やってもムダだ」と思い込んでいるから、チャンスが訪れているにもかかわらずそれを逃してしまうのである。ネガティブな人は、運のよしあしを言い訳に使っている。彼らは努力せず、自分の失敗を直視するのを嫌うあまり、「他の人たちが成功したのは運がいいからだ」と考える。

成功するというポジティブなマインドを持って
まずは、自分がやれることから始めましょう。
好きなことをしたり、会いたい人に会ううちに
面白いことが引き寄せられてきます。
求めている情報を明確にして、意識することで脳がアクティブになります。
街を歩いたり、本を読むことで欲しい情報が目に飛び込んでくるようになります。
いつもと違う人、旧友に会うなどの前向きな行動を起こすことで
チャンスが向こうから訪れ、それを捕まえられるようになるのです。

ジェフ・ケラーの関連記事はこちらから

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    
     

photo credit: Silhouette View via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る