お金はただそこにいて、誰かが手に入れるのを待っている。お金を手に入れるのは、誰よりも早く起きて、誰よりも働いた人だ。これがお金のすばらしいところなのだ。(リチャード・テンプラー)

スクリーンショット 2016-06-28 6.18.55
リチャード・テンプラー
できる人のお金の増やし方
書評ブログ
を続けます。
本書にはお金を稼ぐための116のルールが紹介されています。
もしも、あなたがお金持ちになりたいなら
このルールを覚えて、実践することがポイントになります。
お金を敵にするのではなく、自分の味方にする思考を取り入れましょう。
まずは、お金を好きになり、朝から晩までしっかりと働くことだとテンプラーは言います。
もし、今お金で悩んでいるのなら、行動が足りていないのです。
積極的に行動を起こさなければ、未来は現状のままで、何も変わりません。

もしお金が足りなくて、もっとお金を増やしたいのなら、積極的に行動しなければならない。何もしなければ事態は何も変わらない。むしろ悪くなるだけだ。

問題から目を背けたくなる気持はわかる。しかしそれでは、絶対にお金持ちにはなれない。あなたが本気なら、自分の問題と正面から向き合い、計画を練らなくてはならない。

また、お金がない人は問題を目を背けようとしますが
これでは、人生は変えられません。
お金がない理由を考え、ダメな自分を改善しないと
お金は手に入らないのです。

多くの人たちはお金に対する偏見を持っています。
親がお金は汚いものだと教えることで
お金に対する悪い感情をもってしまうのです。
まずは、この偏見を捨てない限り、お金は近づいてきてくれません。

お金に対する偏見を捨てる。
・お金はいいものだ。
・お金を欲しがるのはいいことだ。
・私はお金持ちになる。
そのために努力する覚悟がある。

お金が好きだと決めて、お金を呼び込むことを意識しましょう!

そして、なぜお金が欲しいのか?を考えてみましょう。
子供の教育のため、自由に生きるため
ボランティアをするためなど、そこには理由があるはずです。

自分なりの目標を決め、決めたら紙に書いてしまっておこう。目標は紙に書くと、よりリアルに感じられる。それに、いつか紙を見て、最初の目標と、実際にたどり着いた場所を比べてみることもできる。

やりたいことを書き出すことで、本当にお金が必要かがわかります。
他の方法で自分の夢を実現できる場合もありますし
お金がなければ、かなわない夢もあります。
その夢のために、本当にお金が必要だと思えたら
全力で動けるようになるはずです。
夢を本気で実現しようと考え、行動を最大化することで
お金は後からついてくるようになります。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
リチャード・テンプラーの関連記事はこちらから

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    

    

photo credit: Come into the light (n°2) via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る