仕事やスポーツ、芸術などの分野で驚異的な能力を発揮する人がいます。彼らはいとも簡単に業績をあげているように見えるものです。普通の人よりはるかに優れた才能を持ち、自分には到底及ばないレベルで活動しているように思えることでしょう。しかし、彼らが何かをたやすくできるようになるまでにどれだけ努力し、どれだけ苦労したかは誰も知りません。(リック・ピティーノ)

スクリーンショット 2016-07-17 8.02.40

PDFA習慣術の徳本昌大です
成功をめざす人に知っておいてほしいことを読むと
リック・ピティーノ
の素晴らしい言葉の数々に出会えます。
天才たちの活躍の裏には、確かに血のにじむような努力があります。
Beatlesにもハンブルグ時代の下積み時代がありましたし
イチロー選手も小学校の頃から毎日トレーニングを重ねてきたのです。
ミュージシャンも、アーティストも、プロスポーツ選手も
いきなり、活躍できたわけではありません。
しかし、私たちは彼らは最初から天才だったと考え
自分とは異なる生き物だと捉えがちですが
リックの冒頭の言葉を読むことで、彼らの成功は努力の結果だと理解できます。
コツコツに勝るものはないのです。

要するに、私たちはプロセスではなく成果だけを見ているのです。じつは、そのプロセスはとても長くて厳しいものです。成功を収めている人は頂点を極めるために代償を払ってきただけでなく、いったん到達した高いレベルを維持するために代償を払い続けています。ただし、いつもバタバタして忙しそうにしているのとは違います。それは仕事に振り回されているだけで、成功とはまったく別のものです。

私たちは、いつも結果を求めてがちですが
良い結果を得るためには、絶えずプロセスを大事にしなければなりません。
私もブロガーになるときに、多くのプロブロガーに話を聞きましたが
誰もがやめないことが大事だと私に教えてくれました。
私は、毎日記事を書き続けることを決めましたが
当初は、モチベーションが上がらず苦労しました。
書くプロセスを習慣化するまでは、いつもブログを意識していました。

しかし、今では、ブログを習慣化できたので
朝起きると、無意識にブログを書けるようになりました。
ブロガーとしては道半ばですが、私はこの5年で確実に進化できました。
あの時、彼らの言葉を信じて、ブログを始め、書くことをあきらめなかったから
出版や起業など多くの果実を手に入れられたのです。

長期にわたって成功を収める人は、たいへんポジティブな資質を身につけています。規律に従って行動計画を実行し、大きな業績をあげます。努力家で、いったん成功しても決して油断しません。私たちはみな、そういう人の姿勢を見習うべきです。

私もこのブログを継続することによって、習慣の力に気づけました。
自分の周りのプロフェッショナルの話を聞くことで
習慣化の素晴らしさに目覚めることができます。
有名なミュージシャンやプロスポーツ選手だけでなく
身近な周りのプロフェッショナルに相談し
彼らの姿勢をモデリングすることで、明るい未来を築けます。
まずは、身近なプロフェッショナルと仲良くすることから始めてみませんか?
今日もお読みいただき、ありがとございました。

リック・ピティーノの関連記事はこちらから

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。


photo credit: Summer Love via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る