人生を今すぐ変えるためのブライアン・トレーシーの7つの質問

ブログ

現状に満足していないのなら、新しい選択をして実現に向けて活動しはじめればいいのだ。いつも「理想の状態にする」よう心がけよう。プライベートでいちばん幸福だったときや、仕事で何もかもうまくいって生産性が高かったときを思い出そう。そして将来、それと同じ状態を再現する方法を思い浮かべよう。(ブライアン・トレーシー)

スクリーンショット 2016-08-07 12.45.54
PDFA習慣術
の徳本昌大です。
ブライアン・トレーシー
大切なことだけやりなさい書評ブログを続けます。
自分の人生を取り戻すためには、シンプルに考えることが重要です。
毎年毎年、私たちは忙しくなり、自分の人生を複雑にしてます。
複雑にするのは単純だが、物事を単純にするのは大変だと
ポール・J・マイヤーは言っていますが
まずは、私たちは自分の人生をシンプルにすべきです。
手順や人が増えるほど、タスクは複雑になります。

どんな仕事も、その手順の数の2乗に匹敵して複雑になることを
ブライアン・トレーシーは発見し、「複雑性の法則」とネーミングしました。
私たちは「複雑性の法則」を逆手にとればよいのです。

まずは、仕事やプライベートで取り組むものの数を減らしてみるのです。
自分の時間をコントロールすることを考え
あまり価値のないことは思いきってやめてしまいましょう。
何年も惰性で続けてきたことは中止したり、出るべき会合も減らしてみるのです。

私は自分の人生を自分に取り戻すために、断酒を決意しましたが
その際、飲み友達との付き合いを減らしました。
夜も昼もできるだけ会うのをやめたことで、インプットやアウトプットの時間を確保できました。
ここから本を書くという夢を持ち、出版を実現していったのです。
このように複雑になった人生をシンプルにすることで、本当に人生は変わり始めます。

また、ブライアン・トレーシーは以下の7つの質問を繰り返し
何をして、何をやめるべきかを考えるとよいと言います。
1、余命六カ月だとしたら、自分の人生をどんなふうに変えたい?
2、あと少ししか生きられないとしたら、もっと時間を費やすことは何だろう?
3、何をやりはじめ、何をやめるだろう?
4、何にのめりこみ、何を避けるだろう? 
5、誰と何をして時間を過ごすだろう? 
6、経済的問題がないなら、あなたは何を完全にやめてしまうだろう?
7、シンプルに平穏で幸福に暮らすために、まずどんな行動をとばいいだろう?

この7つの質問によって、自分の本当にやりたいことが見えてくるはずです。
人生には限りがあることを思い出して、自分の人生をシンプルにして
やるべきことに時間を使いましょう!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
ブライアン・トレーシーの関連記事はこちらから
私の好きな本と私の著書を以下にピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。
    

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

 

Loading Facebook Comments ...

コメント