夢の応援団をつくろう!

習慣化

夢の十か条
◆第一条  夢は、具体的であること
◆第二条  夢には、期限を付けること
◆第三条  夢は、毎日確認すること
◆第四条  すごいことだけが夢ではない。身近でささいなことでも夢になる
◆第五条  どんな時でも、いま目指している夢を、一つは持っていること
◆第六条  夢は、自分がどのような状況にあっても、自由に描くことができる
◆第七条  夢は、同時にいくつでも持つことができる
◆第八条  安楽よりも感動できること、さらに、自分だけではなく他人も感動できることが、夢になる
◆第九条  夢とは、どんな困難を乗り越えても達成したいものであること
◆第十条  夢は、行動してこそ夢。行動を伴わないものは幻である (福島正伸)

スクリーンショット 2016-08-24 21.07.43
福島正伸
氏の本をオーディブルで改めて聞きました。
数年前に何度も読んだ本なのですが、今回耳から聞きなおすことで
多くの気づきをもらえました。

仕事が夢と感動であふれる5つの物語
リーダーになる人の たった1つの習慣から夢の叶え方を学べました。
夢がない時代に福島正伸氏の本を読んでも、わからないことがたくさんあります。
しかし、この数年で自分の夢が叶うようになると
福島氏のメッセージがとても身近に感じられるようになりました。
今では夢はあきらめなければ、必ず叶うという言葉に共感できます。
行動をあきらめなければ、失敗したことにはなりません。
自分がどんな人生を送りたいのかを徹底的に考え
それでもやりたいと思ったら、アクションを起こし
それをやめなければよいのです!

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

リーダーになる人のたった1つの習慣 [ 福島正伸 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2016/8/23時点)

続けることで周りの人に見つけてもらえます。
また、夢を語って他人を感動させられれば、多くの人のサポートを受けられます。
アイデアをもらえたり、専門家を紹介されることで夢の実現スピードが一気にアップします。

どんなことでもやりたいことがあれば、それは夢になります。
いくつも夢を叶えてもよいのですから、やりたいことを書き出してみましょう。
夢が実現し始めると、周りの景色がみるみる変わっていきます。
町中の景色を見たり、人との雑談のをしている最中にヒントが見つかるようになります。
本気になればなるほど、情報と人を組み合わせることがうまくなり
夢がどんどん叶うようになります。

自分の夢だけでなく、周りの人の夢を応援すれば
みんなで一緒に夢を実現でき、ワクワクな時間を過ごせるようになります。
夢の応援団を作って、周りの人の夢を聞き出して、手伝ってみるのです。
アドバイスをしたり、仲間を紹介するなどやれることから始めてみましょう。

他人の夢を応援するようになってから、私の人生は明るくなりました。
今も経営者や個人の方の夢の実現をサポートしていますが
ミーティングをする度に新たなアイデアやエネルギーをもらえます。
自分の強みで他者に貢献すると、私たちは幸せになれるのです。
人の応援をすれば、今度は自分の夢を手伝ってもらえたりもします。

また、ピンチになってもあきらめなければ、そこからチャンスを見つけられるようになります。
解決策をいくつも考え、行動しているうちに、よい結果を引き寄せてしまうのです。
100のアイデアを試せば、必ず結果は出ると福島氏は言います。
人を応援することと途中であきらめないことが
夢のキーワードだと今回再確認できました。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
福島正伸氏の関連記事はこちらから

私の好きな本と私の著書を以下にピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。
     
     

 

photo credit: Don’t stop dreaming⋆ via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント