知恵とアイデアは無限で、やり方は100万通りある!

習慣化

知恵とアイデアは無限に出る。(福島正伸)

スクリーンショット 2016-08-27 10.14.43
福島正伸
氏の真経営学読本は、最幸の結果を得るための経営書で
過去の福島氏の素晴らしい体験が名言ととも綴られています。
たとえ、失敗しても、決してあきらめてはいけない
知恵とアイデアは無限で、やり方は100万通りあるというメッセージが響きます。

私たちは、自分で決めたルールの中でついつい考えてしまいます。
最初に決めた制約条件に沿って考え、壁にぶつかるとそこであきらめがちです。
福島氏はそれではダメだと言います。
今までと同じやり方でやろうとするから制約条件が生じて、思考が止まってしまうのです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

真経営学読本 [ 福島正伸 ]
価格:2700円(税込、送料無料) (2016/8/27時点)

 

制約条件は、「今までのやり方は通用しませんよ、新しいやり方を見つけてください。それは飛躍するチャンスですよ。成長するチャンスですよ」ということを私に教えてくれていたのです。つまり制約条件とは、誰もが思い付かないやり方を見つける「成長条件」であり、「成功条件」だったのです。

壁にぶつかったら、新しいやり方を見つければよいのです。
ピンチはチャンスの入り口だと考え、脳との対話をはじめればよいのです。
切り口を変えたり、人に会いに行くことで、様々なアイデアが浮かぶはずです。
それをひとつひとつ試していくことで、未来を変えられます。
数回であきらめるのではなく、成功するまで続けるという自分のルールを設けるのです。
考え方を変えるだけで、すべての結果を変えられます。
うまくいく考え方を採用すれば、うまくいく可能性が高まります。

「たとえ、ほかの人が諦めたとしても、今までにないやり方を見つけていけばいいんだ。自分らしいやり方で、自分らしくやっていけばいいんだ。知恵とアイデアは無限にあるんだ」 このことがわかったことで、うまくいかない時こそ、「自分が変わり、自分が成長できる最高の機会」だと思えるようになりました。そして、実際、そのようになっていきました。 

うまくいかないことがあった場合には、そこから学ぶのです。
気付きが生まれれば、「次はこうしよう」という知恵とアィデアが無限に湧いてきます。
脳がワクワクすることで、行動が加速します。

この「次はこうしよう」と考える過程こそが、人を成長させてくれます。
世の中には「成功と失敗」があるのではなく、「成功と成長」しかありません。
目の前で起きた失敗は、実は、大切な成長の糧だと信じるのです。
自分自身が諦めてしまった時、それが本当の失敗」になってしまうのです。
諦めなければ、まさに成功しかない人生になっていく」という福島氏の言葉が響きました。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
福島正伸氏の関連記事はこちらから

私の好きな本と私の著書を以下にピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。
    
     

photo credit: Gantheaume Point sunset, Broome 2012 via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント