プロの第一線にいるような選手なら、会社近くの喫茶店でスポーツ新聞を広げ、モーニングサービスのトーストをバクつきながら、舌打ちしているサラリーマンより、100倍も明確な目標意識を持ち、100倍も高いモチベーションを持ち、100倍のプライドを持ち、100倍以上努力している。間違いなくツキも100倍はあるはずだ。にもかかわらず、必ずしも脚光を浴びるわけではない。(西田文郎)

スクリーンショット 2016-08-30 17.35.56
PDFA習慣術
の徳本昌大です。
面白いほど成功するツキの大原則(西田文郎著)のこの一言が刺さりました。
プロのスポーツ選手の競争は、どのビジネスの世界よりも激しいものです。
野球でもサッカーでもプロ選手になるために
子供の時から何回ものハードなセレクションをくぐり抜けてきたはずです。
高校時代に光り輝いていた地元のスターの一握りしか、プロにはなれません。
その中でも、試合に出ているレギュラー選手は、特に選ばれた存在で
私たちよりもはるかに努力を重ねた運の良い人たちなのです。

彼らのモチベーションや努力は私たちのものとはレベルが違います。
西田氏は彼らの半分でも努力すれば
ナンバー1ビジネスマンに、すぐになれるはずだと書いています。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

面白いほど成功するツキの大原則 [ 西田文郎 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/8/20時点) 

しかしビジネスの世界では、日本で1000番目のビジネスマンは大成功者だ。1万人目、いや10万人目のビジネスマンだって、かなりの実力者と見なされるだろう。ビジネスの世界で頭角を現すのは、少しも難しくないということである。あまりに簡単すぎて、悪戦苦闘しているアスリートたちに申しわけない。

野球選手になるよりも、ビジネスマンのトップを目指すほうが
はるかに簡単だと西田氏は言い切ります。
ビジネスで成功するためには、努力を必死にするのではなく
まずは自分の脳を変えれば、良いというのです。
一流スポーツ選手のように、練習や試合を楽しむのです。
ビジネスをエンジョイすることで、脳の扁桃核が変わり
私たちはアクティブに行動できるようになるのです。

有能なビジネスマンは、有能なアスリートが試合や練習を楽しむのと同じように、仕事を楽しんでいるし、面白がって努力している。当然、扁桃核は「快」である。

そして、その姿勢をアピールして、人から認めてもらうことが肝心です。
仕事を楽しんでいることが伝われば、周りの人が応援してくれます。
この応援が、実はツキを運んでくるのです。
今日から運を良くしたいなら、プロスポーツ選手の悪口はやめて
仕事を楽しむことを優先しましょう!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

西田文郎氏の関連記事はこちらから
私の好きな本と私の著書を以下にピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。
     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

photo credit: Lets go Yankees! via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る