• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

勉強に対しても仕事に対しても、「苦痛」「嫌い」「大変」「しんどい」などという言葉が入力され、条件づけられてしまうと、扁桃核は「不快」と反応する。勉強も仕事も苦痛になり、しんどくなり、勉強が楽しくない体質、仕事が気持ちよくない体になってしまうのだ。(西田文郎)

スクリーンショット 2016-09-01 7.02.02
PDFA習慣術
の徳本昌大です。
脳を「快」な状態にすることで、私たちは積極的に行動できるようになり
その結果、運を良くできるのです。
脳が嫌だと思った途端に、私たちは動けなくなります。
それを避けるためには、脳に入力する言葉を変えればよいのです。
脳のデータ入力は主に感覚、言語を通して行われます。
実は、五感もまた「きもちいい」「きれい」などの言葉に置き換えることで
私たちの脳は、次に何をするか判断しているのです。

西田文郎氏は面白いほど成功するツキの大原則の中で
脳を「快」な状態にするための言語の入力ルールを紹介しています。
このメソッドは今すぐ使えますから、ネガティブな言葉が頭に浮かんだら
すぐに以下のように、言葉を言い換えてみましょう。

・会社(学校)に行く→今日も世の中で一番面白い場所へ行くぞ
・仕事(勉強)に行く→今日も徹底的に楽しもう
・面倒な仕事をする→自分の能力をアップするチャンスだ。
・イヤな上司→反面教師としてとても役立ってくれるありがたい上司
・頑固な先輩→意志が固くて自分の哲学を持っている魅力的な先輩
・ロの悪い同僚→人の心を意に介さない凄い人
・ケチな人→締まり屋で自己管理のできる優秀な人

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

面白いほど成功するツキの大原則 [ 西田文郎 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/8/20時点) 

100回マイナス思考になったとしても、101回プラス思考になればいい。

いきなりネガティブマインドからは抜け出せませんから
思考を徐々に変えていくのです。
最初はとても大変ですが、 ネガティブなことを考えたら
すぐに、ポジティブな言葉でそれを言い換えるのです。
思考の否定的回路を肯定的な回路に切り替えることで
私たちは積極的に行動できるようになります。

何度も何度もトライしているうちに、ポジティブな言葉を使えるようになります。
相手に対するネガティブな言葉が頭に浮かんだら
相手の長所にフォーカスして「ありがとう!と感謝するのもよいでしょう。
これで嫌な感情を打ち消せるようになります。

西田文郎氏の関連記事はこちらから
私の好きな本と私の著書を以下にピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。
     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

photo credit: Word Scrabble via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る