• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

酸素や糖分など、脳にとって物理的に必要不可欠なものがありますが、生活の中にある栄養素として重要な役割を果たしているのが「情報」です。脳に情報を与えると、その事を理解した細胞だけが活動を始め、枝がだんだん伸びてきます。未来に向かって情報を与え続けることによって、もっと理解できるといわんばかりに脳の形が整ってくる、ということです。(加藤俊徳)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-08-6-01-40
PDFA習慣術
の徳本昌大です。
加藤俊徳氏の100歳まで成長する脳の鍛え方には
脳を活性化させるためのアイデアがいくつも紹介されています。
脳は酸素や糖分が大好物ですが、それ以外にも欠かせないものがあります。
それは情報、特に自分が知らない情報によって、脳が成長するというのです。

どんな情報でもよいとは言いますが、脳に多くの経験をさせることがポイントです。
何歳になっても情報を取り入れることで、脳は成長します。

どんな情報でも与えれば脳は育ちます。脳に多くの経験をさせ、大きくたくましく育てることが大切です。自分の可能性を信じて、積極的に情報を取り入れれば脳の成長が止まることはありません。それは高齢者のMRI画像からもはっきりと見てとれる、証明ずみの事実なのです。

これは、MRIの画像チェックでも証明されています。
脳の可塑性と言われているもので、本を読んだり、旅行に行くなど
脳は新しい情報を吸収することで、いくつになっても成長します。
好奇心を持って、ポジティンブな体験を重ねれば
脳の老化を防げることがわかってきたのです。
私たちは、読書や旅行などで、ボケも防止できるのです。

脳のボケ防止策として、加藤氏は好奇心を失わないことだと書いています。

年をとると、理解はできても追いつけない、という現象がよく起こります。 たとえば、テレビを観て内容は理解できるけれど、話題にはついていけない、ということもよくあることです。そのような場合は、何事にも好奇心を持って接することが大切です。興味があれば、知りたくなるでしょうし、知りたいと思うことで、新しいことを吸収できるようになります。

「知りたい」という気持ちを失わないことが肝心です。
私は面白い著者に出会ったときには、その著者の本や
書籍の中で紹介してる本をできるだけ読むようにしています。
本の中で気になったキーワードがあれば、その関連図書も読むようにしています。
気になった情報を調べる習慣が、絶えず新しい情報をもたらします。

情報量を増やすと脳の中で情報と情報がつながり、面白いアイデアが浮かびます。

情報の量と内容によって、私たちは知らず知らずのうちに脳を成長させ、脳の形を変えてきました。情報量が多ければ多いほど脳をたくましく太らせ、情報量が少なければ痩せたままになります。

脳を太らせるためにも、いろいろなカテゴリーの本を読み続けようと思います。
耳から聞くオーディオブックも効果がありそうです。
視覚とは違う刺激によって、脳をより活性化できそうです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
加藤俊徳の関連記事はこちらから

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    

    

photo credit: Ego (91/365) via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る