脳に「不幸の回路」をつくるのを今すぐやめよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日本人の多くは、「謙虚なことはいいことだ」という国民性もあって、日常の中で自分を否定することが多いもの。「どうせ私なんか」とか、「私には、きっと無理だわ」とか、「私は、そん一な人間じゃない」とか。こういった自分へのマイナスな言葉は、脳にストレスを与えます。そして、これをずっと続けていると、脳に「不幸の回路」というものができてしまうのです。(斎藤一人)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-10-9-59-12
PDFA習慣術
の徳本昌大です。
斎藤一人氏人とお金を読むと
自分の価値を自ら否定すると幸せになれないことがわかります。
言葉の力は強力で、自分に駄目出しを繰り返していると、本当にそれが現実になってしまうのです。
「謙虚なことはいいことだ」と普通の日本人のように振舞ってばかりでは
自分の潜在意識にネガティブな種を蒔くことになります。

自分へのマイナスな言葉をいつも使っていると、脳にストレスを与えます。
ここからマイナスの連鎖が始まってしまうのです。
脳にストレスが与えられると
副腎皮質からストレスホルモンであるコルチゾールが分泌されます。
このコルチゾールは、私たちにとって必要不可欠のホルモンなのですが
強いストレスが長く続くとコルチゾールが大量に分泌され
脳の海馬を萎縮させることが分かってきました。
このようにストレスが加わると、脳の働きが抑えられます。
2014年のアメリカ分子精神医学ジャーナルによると
慢性的なストレスや高コルチゾールは、脳のニューロンを普通よりも少なくするとのことです。
毎日、自分を卑下していると脳に「不幸の回路」が生まれてしまうのです。

そればかりか、体にも害を与えてしまいます。
コルチゾールは、糖やタンパク質、脂質などの代謝、免疫に関わるホルモンで
体を構成してくれるホルモンの一種であるため、健康の維持には欠かせません。
しかし、慢性的にコルチゾールレベルが高まると高血糖をもたらします。
ひどいストレスを受け続けると糖尿病などの原因になるなど体に悪影響を与えてしまうのです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

人とお金 [ 斎藤一人 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2016/9/8時点) 

この「不幸の回路」ができてしまうと、とてもやっかいです。仕事で、どんなすばらしいチャンスがまわってきても、「どうせ私なんかにできっこない……」と後ろ向きに考えるクセがついてしまうのです。この「不幸の回路」を打ち破るには、脳に「ほめ回路」をつくることです。自分をほめることを習慣にしていると、「ほめ回路」のほうがだんだん太くなり、「不幸の回路」のほうは細くなっていくのです。

ネガティブな言葉が習慣になると、チャンスも逃げて行きます。
「不幸の回路」が強くなると、いざという時に行動できなくなるのです。
後ろ向きに考えてばかりでは、夢の実現が遠ざかります。
脳にも体にも未来にも悪影響を与える「不幸の回路」は今すぐ断ち切りましょう。

それを避けるためには、脳に「ほめ回路」をつくることです。
「自分にはできる!」と自分をほめることで、脳にやる気をチャージできます。
日々、ポジティブな言葉を使って、自分を元気にさせるのです。
それを習慣にすれば、「ほめ回路」が定着して、すぐに行動できるようになります。
自分の強みにフォーカスし、「自分にはできる!」と日々自分に言いきませましょう。
また、毎晩、その日の小さな成功体験をほめることを続ければ
この「ほめ回路」を強化できるようになります。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
斎藤一人氏の関連記事はこちらから

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。
    
     

photo credit: bad apple! — the expansive sf MoMA, scott richard via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る