ロマンとワクワクが経営を変える!ニトリ 成功の5原則の書評②

習慣化

ロマンを心に焼き付けるためには、想像してみることです。そのロマンが実現したときに、どんなことが起き、どんな気持ちになるのか、想像してワクワクしてみるのです。私の場合はよく、お客様の喜ぶ顔を想像します。(似鳥昭雄)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-21-11-36-04
PDFA習慣術
の徳本昌大です。
ニトリ 成功の5原則書評ブログを続けます。

ダメな家具店のオーナーだった似鳥氏は
アメリカの家具業界の視察によって、人生の中にロマンとビジョンを見出します。
人のため、世のために、人生をかけて貢献する」と決めてから
ニトリの快進撃が始まり、なんと29期連続で増収増益を達成するのです。
最近では、東京都内でもニトリの店舗を見かけるようになりました。
海外展開にも積極的で、似鳥氏のワクワクが世界中に広がることで
多くの人に幸せをもたらしています。

その成長の基盤になっているのが、似鳥氏が提唱する成功の5原則です。
■ロマン
■ビジョン
■意欲
■執念
■好奇心
ロマンとは、世の中に貢献している未来のワクワクな自分をイメージすれば
見つけられると似鳥氏は言います。
ワクワクしながら、未来を考えることが、夢実現のスタートラインになるのです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

送料無料/ニトリ成功の5原則/似鳥昭雄
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/9/20時点) 

人生は、自分で願った以上にはなりません。強く願うことで初めて、それに沿った方向にすべてが動き出します。もし人生が思い通りにならないとしたら、あなたの思いが弱いから。ロマンとビジョンが足りていないからです。ロマンとビジョンの達成には、「絶対にやるんだ。自分がやるんだ」という覚悟が欠かせません。「誰かがやるだろう。自分は便乗していればいいんだ」という人は、ロマンを持っていることにはなりません。そういう自分本位の物の見方、考え方が変わらないかぎり、あなたの人生も変わりません。「自分がやる。なんとしてもやる。失敗したら責任を取る」という覚悟があって、初めてロマンを抱いていると言えます。

似鳥氏は、人生は願望がなければ、よくならないと言います。
未来をよりよくすると願うことで、全てがスタートするのです。
思いが足りないと、気持ちがふらつき継続できません。
ロマンを持てば、絶えず、自分を動かすことができるようになります。

ロマンとは、自分個人の得失をはるかに超えたところにある願いです。「人のため、世のため」の願いでなければ、ロマンではありません。また実際、「人のため、世のため」と考えるようにならないと、人生観は変わらないし、人生観が変わらなければ人
生も変わらないのです。

似鳥氏は、「人のため、世のため」に考え、行動することで
自分を変えられたと本書で何度もも繰り返しています。
「人のため、世のため」と決めなければ、人生も経営もうまくいかないのかもしれません。

今回、ニトリ 成功の5原則を読むことで、私は似鳥昭雄氏のファンになりました。
本書をこうして紹介することで、ニトリの魅力を伝えたり
近所の店に立ち寄って、買い物で応援する気になったのです。
先日、ベンチャー経営者はストーリーを語れという記事を書きましたが
似鳥氏の手法を多くの経営者が真似するとよいと思いました。
成功者は、PRの達人でもあるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
似鳥昭雄氏の関連記事はこちらから

     

     

Loading Facebook Comments ...

コメント