人生に遅すぎるということはないと安藤百福氏が教えてくれた!

即席めんの発想にたどり着くには、48年間の人生が必要だった。過去の出来事の一つ一つが、現在の仕事に見えない糸で繋がっている。(安藤百福)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-19-16-24-29

即席めん開発に成功した時、私は48歳なっていた。遅い出発とよく言われるが、人生に遅すぎるということはない。50才でも60才でも新しい出発はある。

人生は何歳からでも変われるということを、私は安藤百福氏から学びました。
子供の時から読書と書くことが好きだった私は、40代後半で本を書くことを決めました。
私は過去の夢を思い出し、50歳前からの遅いチャレンジを始めました。
人生に遅いということはないと考え、アウトプットを習慣に取り入れたのです。

そして、ソーシャルメディアでの情報発信を続けるうちに
突然、出版のオファーが舞い込み、私は念願の著者になれたのです、
素人でもやりたいことを続けていれば、夢は叶います!
何歳になっても結果を出せると私は、この時実感しました。
また、過去の体験や知識、出会った人とのご縁がつながることで
人生はどんどん面白くなることを発見したのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

魔法のラーメン発明物語 [ 安藤百福 ]
価格:750円(税込、送料無料) (2016/10/19時点)

私は多くの成功者の名言を参考にしていますが
自分は大丈夫だと考えることで、いくつになっても行動できることに気づけました。
成功者たちは50代、60代になっても
過去の経験や体験と新しい知識を組み合わせることで
自分のやりたいことを事業化しているのです。

カーネル・サンダースや伊能忠敬などのチャレンジは
私よりもはるかに遅いスタートでした。
「人生に遅すぎるということはない」と教えてくれる先人の言葉から
私はいつもやる気をチャージしています。
生きている中で、今日が一番若いと考えられれば、人は行動が怖くなくなります。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

私の好きな本と私の著書を以下にピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

     
       

photo credit: *_* “Survive” Cup Noodle @ Akasaka via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る