斎藤一人氏の「強運」の書評 運を高める方法は自分の考え方にあり!

習慣化

運がいい人も、運が悪い人もいない。運がいいと思う人と、運が悪いと思う人がいるだけだ。(中谷彰宏)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-21-23-59-11
運が良いと思うことで、自分の行動を変えられることに気づきました。
以前は「ついていないなあ」と考えることも多く
自分の脳を自らダメにしていたのです。
しかし、中谷彰宏氏の言葉や斎藤一人氏の書籍を読むうちに
自分の考え方が間違っていることに気づきました。

自分が運が良いと考えることで、私たちは人生をより良くできるのです。
考え方を変えるとよいと斎藤一人氏も言っています。
以下、書籍強運から引用します。

自分の心というものを、不利なほうに使うか、有利なほうに使うかで、人生って、ぜんぜん違ってくるんです。

まずは、自分の思考法を変えることから、はじめてみましょう。
「強運」の人は、自分を変えることを怖がりませんし
自分がもっと良くなるのなら、喜んで行動できるのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

強運 [ 斎藤一人 ]
価格:583円(税込、送料無料) (2016/10/21時点)

人からものを頼まれないような人は、強運じゃありません。会社のみんなから、ものを頼まれているような人は、強運です。その人が独立しても、「あの人に頼もう」ってなるんです。(斎藤一人)

斎藤氏は運を良くするためには、目の前のことに集中すべきだといいます。
多くの先人たちは、自分に与えられた仕事を熱心に行います。
いまの実力より、ひとつ上の仕事に全力で取り組む人は
他の人から仕事を頼まれるようになり、どんどん力をつけています。
それが更なる自信につながり、ますますやる気を出せます。
この繰り返しによって、私たちは運を引き寄せることができます。

ひとつ上ひとつ上と思って、上を目指すことで「加速の法則」が働きます。
いつも自分の目の前のことを大事にすることで、人生は良くなるのです。
松下幸之助氏は丁稚時代には、丁稚を真剣にやっていたのです。
その次のことは、その時に考えればよいのです!

私は、運の存在を強く信じている。そして、運は努力するほど、ついてくることを知っている。(トーマス・ジェファーソン)

まずは、運の存在を強く信じて、自分が運が良いと考えてみるのです。
あとは行動を最大化して、自分の「ツキ」を大きくしていきましょう!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    

    

photo credit: karindalziel Work desk via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント