一人の力で成功することは絶対にない。(ピーター・ドラッカー)

最後は全員が同じ方向を向いているチームが勝つ。ファンも巻き込んで、一体感のあるチームはやっぱり強いんです。(田口壮)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-27-20-54-37
元大リーガーの田口壮氏はチームワークと巻き込みの力が
強いチームを作ると言います。
ビジネスもこれと同じで、社員や関係者をいかに巻き込めるかが大事なのです。
ソーシャルメディアは共感と応援のメディアだと言われていますが
自分のビジネスやプロダクトが好きでなくては始まりません。
自分が好きなことで周りを巻き込めれば、成功の確率が高まります。
その際、社員だけでなく、お客様をファンにすることを意識したいものです。

ワクワクなことをビジネスにすると、楽しみながら仕事ができます。
自分が好きなことならば、相手に熱意を伝えることができ、人を惹きつけられます。
自分のワクワク感が相手に伝わると、その人から応援してもらえるようになるのです。
パッションは一瞬で伝わり、その場ですぐに強力なチームが生まれることを
私は今までに何度も体験してきました。
自分たちが良いと思ったプロダクトを自信を持って伝えれば
ワクワク感が伝染し、ファンになってもらえるのです。

一人の力で成功することは絶対にない。一人の力が他人の協力を得たとき、初めて事業は成功する。(ピーター・ドラッカー)

私が大好きなドラッカーも一人の力だけでは成功できないと言います。
自分の力やプロダクトを過信せずに、人の力を借りることが肝心です。
その際、必要なのが共感の力です。
相手の共感を得るためには、ワクワク感を持って伝えることが本当に大事なのです。
営業やマーケティングなどの組織が自社になくとも、今の時代は成功できます。
パッションを持って周りに話をすれば、誰かが必ず助けてくれます。
実際、友人の友人が応援してくれたおかげで、私は何度もチャンスを得ています。
自分の周りの仲間に話をしているうちに、解決策を持っている人を紹介してもらえます。
友人の友人が素晴らしいアドバイスをくれたり
パートナーを紹介してくれたおかげで、ビジネスが上手くいくようになるのです。

まさに「弱い紐帯の強さ」によって、私たちは成功できるのです。
1973年にスタンフォード大学の社会学者マーク・グラノヴェッターは
転職先は友人の友人が紹介してくれるという論文を発表しました。
ネットワークを広げて、友人の友人の力を借りることで
ビジネスの成功の可能性が高まるのです。
パッションを持って、仲間に自分のビジネスの話をしていれば
応援者が突然目の前に現れます。
あるいは会ったこともない顧客がファンとなり
口コミによって事業を後押ししてくれるのです。
ソーシャルメディアとリアルの人脈の力を信じることで奇跡が起こり始めます。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    

    

photo credit: @cpe Paris Skaker Influence-35.jpg via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る