ボブ・バーグのマル秘人材活用術の書評

ほかの条件がすべて同じなら、人は知り、気に入り、信用している相手に仕事や紹介を回す。(ボブ・バーグ)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-03-21-36-08
ボブ・バーグ
マル秘人材活用術を読むことで
人脈やネットワークの重要性を再認識できます。
良い人脈によって、私たちは営業の苦労を減らせます。
人脈の力によってこちらから営業しなくても
自動的に顧客を引き寄せられるようになるのです。

人脈が豊富な人には2つの共通点があると著者のボブは言います。

1、彼らはギバーである。
2、彼らはコネクターである。

彼らは仕事で大きな成功を収めるだけでなく、プライベートでも友人に囲まれ
温かい人間関係をいくつもつくっているのです。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-03-20-20-14

大切なのは、「見返りかあるかも」という下心を持って何かを与えるのではなく、他者の人生に価値を加えるという行為を、純粋に楽しむことだ。

世の中には他者から何かを奪うのではなく
反対にどうやったら他者の人生や仕事を豊かにできるかを
いつも考えている人たち(ギバー)がいます。
ギバーは与えれば与えるほど、後で大きなものを得られることを知っているのです。

自分の利益は二の次で良いからと考え、純粋に与えることだけを考えている人たちは
多くの人たちから評価され、紹介によって多くの売上をあげているのです。
そして、彼らは最終的に他の誰よりも大きな利益を得ています。

また、彼らは優秀なコネクターでもあるのです。
彼らはいつも誰と誰をくっつければよいかを考えています。
ワクワクしながら人と人の出会いをデザインしているのです。

よい絆をつくりたいという純粋な思いが、コネクターになる鍵です。
見返りを求める計算高さではなく、新しいつながりを構築しようと前向きに動いています。
成功者はいつもワクワクな気持ちで、仲間のために貢献します。
それが周りに伝わることで、出会いが次々生まれ、素晴らしい人脈を築けるのです。

よい人とのご縁を作り、相手に貢献することを意識すれば、人生を豊かにできます。
最初はネットワークの仲間をただ助けることを第一に考えましょう。
それを丹念に続け、ネットワークに仲間を加え続ければ
紹介の連鎖が起こり、そこから利益を得られるようになるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

私の好きな本と私の著書を以下にピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-03-20-20-14    

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

photo credit: FOSM VAF27250 via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る