あなたがせわしなく過ごすうちに、人生は急ぎ足で去っていくのですよ。やがては死が訪れ、そして、あなたが好むと好まざるとにかかわらず、死ぬための時間と向き合わなければならなくなるのです。(セネカ)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-18-14-16-13

セネカ人生の短さについて書評を続けます。
ローマ帝国の政治家のセネカの言葉が大好きで、Kindleで何度も読み返しています。
特にセネカの時間に関する名言によって、私は自分の思考を修正しています。

セネカの時代よりも、私たち現代人は長生きできますが
時間を無駄にしていいというわけではありません。
自分のやりたいこと、ワクワクすることに時間を費やして
死ぬときに後悔しないようにした方がよいに決まっています。

人生は、最初に選んだ道を滑りだしたら、もう止まることも引き返すことも、騒ぎ立てることも、スピードに気をつけろと警告してくることもないのです。ただ静かに流れていくばかりです。王が命じようが、民衆が支持しようが、行程が延びたりはしない。最初の日に決められた進路を突き進み、脇に逸れることも、遅れることもない。

私の44歳までの人生はあまり自慢できるものではありませんでした。
酒に溺れた生活で、世の中にあまり貢献することもなく
いつも愚痴ばかりの悲しい人生を送っていました。
当時の私はこのまま酒をやめない限り
野垂れ死にするのだろうといつも怯えながら生きていました。
アルコールに脳を支配され、止まることも引き返すこともできずに
無為に時間を過ごしていたのです。

10年前の突然の仲間の死によって、私は人生に限りがあることを実感します。
自分の健康問題も重なり、酒をやめることを決めたのです。
もし、このときの決断がなければ、私は重い病にかかっていたことでしょう。
あるいは早死にしていたかもしれません。
それほど酒に溺れた生活をしていたのです。

だれも、あなたが失った年月をと取り戻してなどくれないし、かつてのあなたを取り戻してくれません。

セネカが指摘するように、私たちは過去を取り戻すことはできません。
ただし、自分が決めさえすれば、未来は変えられます。
私は断酒を決め、本を書くことを決め、起業することを決め
それを実現するために、自分の行動を変えることにしたのです。
その結果、私は40代後半になってから
自分の人生をエンジョイできることに気づけたのです。

思考と行動を変えるというシンプルなルールによって
私は自分の人生を楽しむ権利を取り戻せたのです。
失った時間を取り戻すために、私は104歳まで生きることを決めました。
今の目標はワクワクな起業家を増やすことで
そのために新しいチャレンジを始めています。

自分の経験や知識を人に伝えることで、悩んでいる人の背中を押したいと考えています。
元アル中の起業家として、皆さんのお役に立てれば
後半戦の人生をよりワクワクなものに変えられそうです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

私の好きな本と私の著書を以下にピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

     
       

photo credit: Distant Reality Regret via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る