「すぐにやる脳」を作るための重要な一歩は、線条体のしくみに即して、「しようとしていること」「やるべき行動」「望ましい行動」と「快感」をむすびつけることです。仕事をしようと立ち上がったら「よく立ち上がった」「その一歩がえらい」。勉強を始めたら、「よし、よく始めた」「いい感じ」「楽しい」。無理やりにでも行動と快感をむすびつけておくのです。そしてそれを繰り返すのです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-18-16-46-55
篠原菊紀
氏の「すぐにやる脳」に変わる37の習慣を読むと、すぐに自分の行動を変えられます。
本書に書かれている脳の線条体の仕組みを活用すれば
短時間でやる気のスイッチをオンにできそうです。
著者の篠原氏は諏訪東京理科大学教授なので、情報にも信頼が置けます。
最新の脳科学と臨床心理学の見地から、脳を活性化する方法を学べます。
やる気が起きないと悩んでいる方にはオススメの一冊で
これを自分ごと化できれば、怠け癖を解消できるはずです。

特に、Practice1の線条体の活用法は絶対に覚えておきたいノウハウです。
やる気の中核である「線条体」は、行動と快感を結びつけることで
私たちの「やる気」を引き出してくれるのです。
自分の行動や努力をただほめるだけで「やる気」を育めるのです。
自分をほめることを繰り返し、自分の習慣にすることで、線条体を発火できます。

このバカみたいな繰り返しが大事なのです。この繰り返しで「望ましい行動」と「快感」が線条体でむすびつき、「やろうかな」と思っただけで線条体が前倒しで発火するようになるのです。線条体が発火すれば、1秒で集中できます。これが「すぐにやる脳」を作る最大のコツです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「すぐにやる脳」に変わる37の習慣 [ 篠原 菊紀 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2016/11/18時点)

私もブログを書きたくない時に、このメソッドを活用しています。
やる気が起きない朝、ブログに集中できない朝に
毎日3本の記事を書いている自分はえらいと、私は自分の努力をほめるようにしています。
このほめるという行為によって、私はブログを書こうという気持ちになれるのです。
パソコンを開いた自分を「いい感じ」だと認めてあげることで
行動と快感が線条体で結びつき、私は記事を書けるようになるのです。
細かな行動をほめるという何気ない習慣が
やる気のない脳を「すぐにやる脳」に変えてくれるのです。

スタンフォード大学のキャロル・S・ドゥエック氏のパズルを使った研究によると
賢さをほめられた子供よりも努力をほめた子供の方が
難しい課題(パズル)にチャレンジするそうです。
ドゥエック氏のマインドセット「やればできる! 」の研究書評もお読みください。)

努力をほめられた子供は、さらに努力を認められようと難問にチャレンジしますが
賢さを認められた子供は、自分を賢く見せるために間違うことを恐れるそうです。
このようにほめる対象を「努力」に置かないと、子供や自分の成長を止めてしまいます。
自分のチャレンジ精神を育てて、「すぐにやる脳」にしたければ
具体的な努力や行動をほめるとよいでしょう!

また、努力を拠り所にすると自分より上の人間との比較を意識し
ますます、努力を重ねるようになることもわかっています。
上を見ようとする心構えを養うことで、脳を活性化できるのです。
逆に、賢さをほめられた子供は、成績が下がったというショッキングな結果を読むと
ほめ方を間違えると大変なことになると実感できました。
脳の仕組みをしっかりと理解して、上手に自分をほめられれば
やる気のスイッチをオンにできるのです。

「スゴイ!一生懸命やったね!」などと、努力をほめることで
私たちの脳は難しい課題にチャレンジするようになります。
自分の望ましい行動や努力をほめることが、「すぐにやる脳」を作る王道なのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

     

    

photo credit: woodleywonderworks who do we appreciate via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る