楽天家になって、チャンスを引き寄せよう!

習慣化

悲観主義者はあらゆる機会の中に問題を見出す。楽観主義者はあらゆる問題の中に機会を見出す。(チャーチル)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-20-22-16-29
photo credit: IamNotUnique Our Summer via photopin (license)

人生を良くするためには、楽天家になることが早道です。
未来は良くなると考える習慣を身につけることで
私たちは行動できるようになり、未来を明るくできます。
逆に、未来を悲観的に捉えると、行動を躊躇してしまいます。
これでは、結果を残せるわけがありません。
ポジティブ?あるいは、ネガティブ? どちらの思考を選ぶかによって
人生は全く別物になってしまうので、注意が必要です。

実は、以前の私は悲観論者で、いつも未来を暗く考えていました。
行動する前から失敗をイメージしてしまい、先延ばしばかり考えていました。
自分の未来をネガティブに捉えているのですから、成功するわけがありません。
失敗するたびに酒に逃げ、自分を甘やかしていたのです。
飲み友達と愚痴を言い合い、先延ばしを状態化することで自らの道を閉ざしていたのです。

しかし、私は負け続ける人生をやめたくなりました。
44歳の時に、酒に逃げることをやめたのです。
私は断酒を決意し、悪い習慣にさよならすることにしたのです。

アルコール依存症だった私にとって、酒をやめることはとても大変なことでしたが
自分にはできると信じて、酒のない人生を選択しました。
最初は酒のない生活が、とてつもなく辛かったのですが
3ヶ月を過ぎた頃から、自分の思考と行動が変わり始めました。
「できる自分」を信じられるようになり、ポジティブなマインドを手に入れたのです。
大好きだった酒を我慢できたのだから
他にもいろいろなことにチャレンジできるはずだと思えるようになったのです。

楽天家の人生が楽しく、悲観主義者の人生が暗いのは当然です。どちらもそれを望んだからです。(ジョセフ・マーフィー)

自分を信じられるようになり、私は積極的に行動できるようになりました。
二日酔いがなくなり、朝時間を有意義なものに変えることで私の人脈は広がりました。
朝の勉強会に参加したり、自ら朝活を企画することで、良い出会いに恵まれたのです。

今までとは異なる人脈、飲み友達以外の仲間を作ることで
私は自分の思考と行動を変えることができました。
お酒の席の愚痴をやめ、朝の勉強会で良い空気に触れられました。
読書会のメンバーや多くの良書から刺激を受けることで
私はポジティブ思考を身につけ、アクティブに行動できるようになったのです。
自分の思考と行動を変えることで、私はいつの間にか楽天家に生まれ変わっていました。
行動が怖くなくなり、新たなことに積極的にチャレンジできるようになったのです。

私は子供の時から、自分は幸福者だ、運のいい者だということを深く思い込んでおった。それでどんな失敗をしても、窮地に陥っても、自分にはいつかよい運が転換してくるものだと、一心になって努力した。今になって思えば、それが私を生来の楽天家たらしめたる原因じゃないかと思う。(高橋是清)

最近では自分を幸福者だと思えるようになりました。 
失敗しても、自分は大丈夫と思うことで、すぐに次の行動にうつれます。
私は自分を信じることで、楽天家に生まれ変われたのです。
楽天的に生きることで物事の見方も変わります。
課題の中にチャンスを見出せるようになり、いつでもワクワクできるようになるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
西田文郎氏の関連記事はこちらから
     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

 

Loading Facebook Comments ...

コメント