常行一直心、禅語から人生を良くする方法。「怒らない 禅の作法」の書評

職場で、電車やバスの車内で、街中で、以前にも増してギスギスとした雰囲気が蔓延しているような気がしてなりません。誰もが目標や結果にとらわれて急かされている。そんな気がしてならないのです。(枡野俊明)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-21-14-44-17
photo credit: Nick Kenrick. Japanese zen series via photopin (license)

枡野俊明氏の怒らない 禅の作法書評ブログを続けます。
私たち現代人のイライラが加速しています。
パソコンやスマホ、インターネットの普及で
私たちはいつも誰かに追われるようになり
心の平静が保てなくなっています。
その結果、私たちの心と体は悲鳴をあげ、いつも疲れを感じるようになりました。

多くのタスクが次々と襲ってくるなど、日々、時間に急かされています。
忙しく働くことは大事なことかもしれませんが
目の前のことに集中しないとなかなか大きな結果を得られません。
自分の足元を確かめながら、一歩一歩進んでいくことで
私たちは自分のやりたいことができるようになるのです。
枡野氏は、禅語を使ってそれを以下のように説明しています。

禅語に「常行一直心(つねにいちじきしんをぎょうず)」という言葉があります。真っ直ぐな心、清らかな心で、目の前の物事に打ち込むということです。周りで何が起きようと、誰かに追い越されようと、一心に自分のなすべきことをやる。そうすると、ゆるぎない自信が生まれ、物事に動じない自分が生まれます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

怒らない禅の作法/枡野俊明【2500円以上送料無料】
価格:1296円(税込、送料別) (2016/11/21時点)

一心に自分のなすべきことをやる。そうすると、ゆるぎない自信が生まれ、物事に動じない自分が生まれます。自信がつけば、人や世間に惑わされることなく、自分の道を進むことができます。

一歩一歩自分の足で歩くことで、自然の豊かさを感じたり
いつもとは違う時間を過ごせます。
時には車や新幹線でなく、ゆっくりと進むことで
今まで見えなかったものが見えるようになるのです。
時々ふと立ち止まり、今自分の立っている場所を確認することで
自分や仲間との対話が生まれます。
とことん突き詰めることで、物事が持つ本来の意味もわかるようになるのです。

一つのことに徹底的にのめり込むことで、自信が生まれます。
多くのことを手がけることも大事ですが
何か一つのことに集中することも忘れてはなりません。
やり続ければ、応援者も現れます。
あるいは失敗を通じて、新たなことも学べます。
小さなことの積み重ねが、自分を成長させてくれるということを
枡野氏の言葉を読むことで思い出せました。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
枡野俊明氏の関連記事はこちらから

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    

    

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る