曽野綾子氏の引退しない人生の書評

習慣化

私に言わせれば、四十代、五十代は、満開の花の時代で、六十代だって私の体験からするとかなりすばらしい。体力は確実に落ちているけれど、人生を見る目は確実に深くなっている。だから四十歳から六十五歳までの四分の一世紀間、もし大きな病気もせず普通の生活ができたなら、それはすばらしい贈り物を受けたことになる。(曽野綾子)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-25-21-51-41
photo credit: jcburns At the sign of the yellow arrow. via photopin (license)

偶然、曽野綾子氏の引退しない人生を読み始めました。
本書によって、年を重ねることに価値を見出せました。
彼女の言葉を借りれば、今53歳の私は満開の花の時代を送っていることになります。
体力は確実に落ちていますが、知識と体験がそれをカバーしてくれるのです。
人は年齢を重ねても、心がけしたいで人生を面白くできます。

私も40代後半から、自分の人生を変えることにしました。
自分のやりたいことをやると決め
今に集中することで、毎日ワクワクできるようになったのです。
過去のどんな時よりも今が一番楽しくなり、幸せな時間を過ごしています。
意識を変えることで、私は自分の人生を別モノにできました。
幾つになっても人は思考を変えることで、変化できることを実感できました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

引退しない人生 [ 曽野綾子 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2016/11/25時点)

自分にできることは限られている老年や晩年には、もはや残された時間は少なくなっている。自分にできることは限られている。しかもそれは悲しむべきことでもないのだ。

人生には限りがありますから、無駄な時間を過ごさないようにしたいものです。
受動的に生きるのではなく、自分らしい人生を生きた方がよいに決まっています。
自分のやりたいことをやるために、私は104歳まで生きることを決めました。
私の夢リストには、104歳まで生きると書かれています。
残された時間を増やすためには、長生きすればよいのです。
現代人は健康を意識することで、寿命を確実に延ばせます。
私は自分の脳や体の健康を意識することで、自分を大切にするようになりました。
自分の夢を一つでも多く叶えるために
断酒をしたり、ジャンクな食事をやめることにしたのです。

また、アクティブで快活な時間を過ごせるよう
スケジュールを上手に組み立てるようにしています。
やるべきことと、やらないことを明確にすることで、結果が残せます。
特に、やらいないことを決めることで、時間を有効に使えるようになります。

旅に出たり、刺激的な人と会ったり、読書やブログに時間を費やすなど
1日1日を楽しむことを日々意識しています。
幸せな時間を増やすことで、毎日の笑顔が増えました。
笑顔でいると、素敵な仲間が私の周りに集まり
良いことがが起こるようになったのです。
この法則を見つけたことで、私は人生をより豊かなものにできました。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

    

    

Loading Facebook Comments ...

コメント