「人間はだらけようと思えば、いくらでもだらけられる」という言葉を反面教師にしよう!

人間はだらけようと思えば、いくらでもだらけられる。(枡野俊明)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-09-10-01-47
photo credit: David McKelvey Junior at Absolutely Belongil, Byron Bay via photopin (license)

この枡野俊明氏の言葉を私は反面教師にしています。
心配事の9割は起こらない: 減らす、手放す、忘れる「禅の教えの中の
この言葉を読むたびに、自分の人生をコントロールしようと思います。
10年前まで私はアルコール依存症で、当時の生活は相当荒んでいました。
良いことがあっても、悪いことがあっても酒を飲むことが習慣になっていたのです。
特に土日はひどく、食事のたびに酒を飲み、ダラダラの時間を過ごしていました。
時間を資産だと思わずに、無駄遣いしていたのです。

本を読んでも、映画を見てもその場では感動するのですが
酒の快楽がそれらを消し去っていました。
お酒に脳を支配されることで、インプットしたものを活用できていませんでした。
何も行動を起こせずに、結果が出せない泥沼の中を泳いでいたのです。
また、アルコールはやめることが難しく、何度か禁酒にもチャレンジしたのですが
すぐに元の生活に戻ってしまい、悪循環から抜け出せずにいたのです。

しかし、だらけるにもほどがあると考え、自分の人生を取り戻すことにしたのです。
悪い習慣を全てやめると決め、断酒と夜型の生活に終止符を打つことにしたのです。
一切お酒をやめ、朝の早起きを習慣化したのです。

心身ともに健康でしかも溌剌と生きるためには、生活のリズムを崩さないことが大切です。起きる時間も床につく時間も、その日その日でバラバラと言うのでは、いい体調は保てませんし、心だって疲れて来ます。しかも、人間はだらけようと思えば、いくらでもだらけられる。怠情に流れれば、際限なく流れてしまうから始末が悪い。どこかで歯止めをかける必要があります。

成功者の誰もが指摘していますが、生活のリズムを崩さないことが肝心です。
夜は早く眠り、朝早く起きることを習慣化することで、人生は変わるのです。
私は断酒によって、生活のパターンを変えられました。
ここから、私の運は良くなっていったのです。

朝型の生活にシフトすることで、朝早くから活動することで
時間を意識し行動するようになり、集中力も鍛えられました。
朝のうちに多くタスクを仕上げることで
一日を有意義なものにできるようになったのです。
自分の生活の中にリズムを作ることで、心身共に溌剌となり
人生をエンジョイできるようになったのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
枡野俊明氏の関連記事はこちらから

     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る