• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

人は人とのつながりによって生きている。人間はお互いに協力し、つながり合うように進化してきた。このつながりが断ち切られると、人は病気になる。人とのつながりが多いほど、人間は長生きし、病気からの回復も早いことが研究でも示されている。事実、孤立と孤独は、早期の病気と死に至、喫煙よりも大きなリスクなのだ。(ジェームズ・R.ドゥティ)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-24-12-13-14
photo credit: Leo Hidalgo (@yompyz) Happy via photopin (license)

スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック
書評ブログを続けます。
若い時の私は、自分の力のみで生きていけると言う変な自信を持っていました。
しかし、それが大きな間違いであることに気づきました。
20代の頃は自分を過信しすぎ、周りの人に感謝の気持ちを持てずにいました。

ジェームズ・R.ドゥティが指摘するように人は一人では生きていけません。
仲間の力を借りなければ、何もできず、成功はおぼつきません。
人はお互いに協力し合いながら、進化してきたのです。
人とのつながりによって、私たちは逆境も乗り越えられますし
成功の喜びも分かち合えるのです。
たとえ、一人の力で大きな成功を手に入れ、たくさんのお金を稼げたとしても
一人ぼっちの人生では幸せを感じられないはずです。
孤独は心や身体を不健康にし、早死する可能性を高めます。
人に協力し、共感しあうことが幸せになるための近道かもしれません。

本物の人とのつながりは、精神の健康に深い効果がある。運動や減量よりも健康にいい。それは気分をよくしてくれる 。人とのつながりは、麻薬や酒やチョコレートによって活発化するのと同じ脳内の報酬系を刺激する。言い換えると、孤独だと病気になりやすく、人とつながると病気が治りやすいということだ。

仲間とともに夢を叶えることで、幸せになれることに私は気づけました。
今も多くの夢を起業家の仲間とともに追いかけていますが
これほどワクワクすることはありません。
本物の人とのつながりによって、私は心の健康を取り戻せました。

人とのつながりは運動や減量よりも効果があります。
以前はお酒に逃げていた私も、夢を宣言し、人とのつながりを持つことで
アルコールから距離を置くことができました。
仲間のサポートによって、不安がなくなり、幸せな時間を増やせました。
人と共感しあうことで、笑顔になれ、ストレスを感じることも減らせました。
夢を持つことのメリットの一つは、仲間と共感しあえることなのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
人生の扉を開く最強のマジックの書評はこちらから

     

    

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

参考サイト
http://column.bizright.co.jp/
 

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る