僕らは無意織に1日6万回も、過去を悔やみ、未来をアレコレ心配しているのです。1時間に2500回もどうでもいいことを考えている。しかもその9割は昨日と同じことだそうです。凡人と天才の違いは、実はここにあるのです。天才は、自分がどう生きたいのか、何を最優先事項として生きたいのかが明確に決まっているのです。だから、いつも、そこに意識の焦点を合わせることができる。(ひすいこうたろう、滝本洋平)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-28-10-35-44
昨日のブログ
にオバマ大統領とスティーブ・ジョブズの生産性を上げる方法を紹介しましたが
今日はその続きになります。
オバマ大統領もジョブズも洋服を選ぶことは無駄なことだと考え
いつも同じスタイルで生活します。
自分のやりたいことに集中するため、自分のルールを明確にしているのです。
だからオバマはブルーあるいはグレーのスーツをいつも身につけ
ジョブズはイッセイミヤケの黒のタートルとリーバイスのジーンズしか着なかったのです。

たまたま昨日のブログのアイデアを考えていたときに
友人の長友佑樹氏のソーシャルメディアの投稿から面白い書籍に出会えました。
ひすいこうたろう氏と滝本洋平氏の共著の
なぜジョブズは、黒いタートルネックしか着なかったのか?がその一冊で
自分のルールを整理したかった私に刺激を与えてくれました。

著者の2人は人生の達人には、必ずマイールールがあり
1日6万本の矢が向かう方向を必ずコントロールしていると言います。
彼らは自分が目指す方向にしっかりと矢を向けることで、成功の確率を高めているのです。
ジョブズとオバマは服装を考える時間を削除することで
世界に衝撃を与え続けてきたのです。
大きなビジョンのために、彼らは優先順位を明確にし、行動していたのです。

本書にはKAYACの「それって漫画っぽい」と質問しながら
1時間以内100アイデアを出す会議のルールや
作家の水野敬也氏が本のタイトルを1000案考えるなどの美学が紹介されています。
成功するためには、自分の美学「マイルール」が必要であることがわかります。

本気になれば、自分からいいアイデアが出なくても、まわりが答えてくれるってことです。」という
著者のひすい氏の言葉が響きました。
パッションを持って行動していれば、まわりを巻きこめ
成功へのステップを一気に駆けあがれるのです。

私も自分の本のタイトル出しのために、100本ノックをしたことがありますが
本書を読んでいて、自分の努力が足りていなかったことがわかりました。
(次回は1000本ノックにチャレンジします。)

私の次の大きな夢はベストセラーを出すことなのですが
パッションを持って行動し、まわりの人たちのサポートを得られるようにしたいと思います。
そのためには大量のインプットとアウトプットが欠かせません。
書評記事で引き続き、読者のみなさんのお役に立つために
大量の本を読み、このブログを1日3本書き続けていきたいと思います。

本書に紹介されている真に幸せになるための「28のルール」はとても参考になりますから
今後もこのブログで紹介していきたいと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

    

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る