人間の脳はできると信じていると、失敗や挫折にもめげずに挑戦します。(横山信治)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-28-14-24-58 photo credit: Lynn Friedman Historical Documentation Defenestration WHY Sign via photopin (license)

横山信治氏の「運が良くなる人」と「運が悪くなる人」の習慣書評ブログを続けます。
人の脳はできると思うことで、結果を残せるようになります。
運の良い人は、できると信じることで、不可能と思えることも実現していきます。
本書では本田宗一郎氏が町工場時代に「世界のホンダ」になるとイメージした結果
プラシーボ効果で世界に通用する会社になった例が紹介されています。
多くのベンチャー企業が大きなビジョンを語ることで、成功を手にしてきたのです。
最近ではイーロン・マスクがこの例にあたります。
人間の可能性は私たちが思っている以上にすごいものなのですが
これは「できる」と思ったことからスタートするのです。

では、どうすればできると思えるのでしょうか?
横山氏は何度も繰り返して、言葉にするとよいといいます。

それは、言葉に出して何度も宣言することです。「嘘も100回言えば本当になる」という諺もありますが、何度も言葉にすれば、は「本当かな」と思っていたのが、いずれ「絶対に大丈夫」と確信に変わります。運の良い人は、自分の願望を何度も宣言し、実現したイメージを描きます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「運が良くなる人」と「運が悪くなる人」の習慣 [ 横山 信治 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2016/12/20時点)

運の悪い人はネガティブな言葉を連発していますから、注意しましょう。
もしも、初対面の人がマイナス言葉をたくさん使っているようなら
私はその人に近づかないようにします。
運が悪い人ではなく、運の良い人と付き合った方が、良い結果を引き寄せられるからです。
笑顔で元気な方は、言葉もポジティブです。
そういった方と時間を過ごせば、良いアイデアが浮かんできますし
面白い人も紹介いただけます。
運が良くなりたければ、できると信じて
ビジョンをポジティブな言葉で宣言すればよいのです。
その際、10倍思考で大きなビジョンを語るべきです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
こちらの本書の書評もご覧ください。
横山信治氏の関連記事はこちらから

     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

 

 

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る