誰でも例外なく年は取るものだ。でも夢は追い続けたい。子どもっぽいと人から笑われてもいい。失敗を恐れず、果敢に挑戦する。何歳になってもイタズラ心を忘れない。そんな冒険心が私の人生と創造の原動力になっている。(高田賢三)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-31-14-56-05
今年も一年が暮れようとしています。
光陰矢の如しで、私の53歳の年はあっという間に過ぎ去っていきました。
最近の目標は、悔いのない時間を過ごすことですが
それは達成できたと思います。
今年一年は多くの人とコラボでき、とても良い年になりました。
こうやって年の背に、一年間を清々しい気持ちで振り返られるのも
皆様のご支援のおかげだと感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました!

毎年、私は年の初めに100の夢リストを書いて、自分のビジョンを掲げます。
その夢のいくつかは叶いましたが、当然、実力不足で叶わなかった夢もあります。
行動が足りずに悔しい思いを何度もしましたが
叶わなかった夢は、来年に引き継ぎ、努力を重ねていきたいと思います。
今日で高田賢三氏の日経新聞の私の履歴書が終わりましたが
冒頭の彼の言葉がとても刺さりました。
夢を置き続けることで、歩みを止めないようにしたいと思います。

高田氏が言うように、私たちはいくつになっても夢を追いかけられるのです。
それは、子供っぽい夢でも、大きな夢でも構いません。
私たちは自分の人生のCEOなのですから、自分らしく生きる自由を持っているのです。
何歳になってもイタズラ心を忘れないようにしたいと思います。


来年も100の夢リストを作成して、目標に向かって走り続けたいと思います。
明日、それらを整理し、逆算手帳に書き始めようと思います。
来年は今年以上にこの手帳を普及させ、世の中にワクワクな人を増やしたいです。
手帳以外のツールや様々なサービスも提供しきますので
ぜひ、GYAKUSAN株式会社の動きに注目ください。
また、私が取締役や顧問をしている会社を全て成功させることが
私のビジネスでの最大の目標です。

個人的な目標は、家族と過ごす時間をもっと増やすことです。
仕事とプライベートのバランスをもう少しはかりたいです。
海外にもっと出かけて、自分の殻を破り、変化を止めないようにもしたいです。
放っておくとルーティンの罠に陥りますから
積極的に動き回り、様々な人との出会いによって、自分を成長させます。
アクティブな人や街から刺激を受けることで
自分の脳の成長を止めないようにします。

残念なことに、今年は一冊も書籍を出版できなかったので
来年こそは、良書を出したいと思います。
出版を通じて、多くの人の背中を押し、世の中に貢献できるよう頑張っていきます。
当然、この書評ブログの更新も1日3本を最低目標に続けていきます。
そのために、大量のインプットを心がけます。
面白い本を見つけて、多くの人にそれを紹介していきます。

いずれにせよ、健康なくして、大きな夢は叶いませんから
自分の心と身体を大切にしていきたいと思います。
冒険心を忘れずに、酉年を飛躍の年に変えていきます!
来年もよろしくお願い致します。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る