• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自分の素晴らしさに気づき、新しい選択肢を持てる。ものの見方を伝え、人生を最高に愉しめるようになる人を増やすこと。(ひすいこうたろう)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-02-14-01-47

photo credit: slworking2 Some More Star Trails Above the Anza-Borrego Desert via photopin (license)

ひすいこうたろう氏と滝本洋平氏の共著の
なぜジョブズは、黒いタートルネックしか着なかったのか?書評ブログを続けます。
ひすい氏は執筆やセミナー、講演などの自分の仕事に
「執筆とは?」「講演とは?」など「とは?」という語尾をつけることで、深掘りしていきます。
そこから出てきた答え(仕事の定義)が、冒頭の言葉です。
ものを書いたり、人に自分の考えを伝えることで
本来の自分の可能性に気づいてもらえるようになるのです。

私も出版、書評ブログ、連載、セミナー、ベンチャーや起業家のコンサルを行っていますが
「とは?」を語尾につけて、自分に質問を繰り返すうちに
ひすい氏の答えと同じような答えが、私の頭に浮かんできました。
「書くこと、コンサルをすることで、世の中にワクワクな人を増やしたい」が
私の仕事の定義だと再確認できました。

ひすい氏は自分の仕事を深掘りすることで、自分の可能性を広げられたのです。
彼は書くこと以外でも仕事ができることを発見します。

最初の僕の仕事の定義「本を書くこと。講演すること」から大幅にバージョンアップされています。そして、仕事の本質があぶり出されています。こう仕事を再定義すると、僕は、作家ですが、本を書くことだけが仕事ではないことがわかります。友達とカフェで話していたって、子どもと遊んでいたって、僕の使命を果たせることがわかり、自分の可能性が広がります。

仕事や、自分、幸せの後ろに「とは?」と語尾をつけて
自問を重ねるうちに、本質が見極められます。
私は出版、ブログ、セミナー、コンサルなどで
人をワクワクな気持ちにさせることを目的にしていますが
これは、自分がその気になりさえすれば、いつでも、どこでも実践可能です。

笑顔を心がけ、ポジティブな言葉を使い、アクティブに行動していれば
仲間にそれが伝わり、周りを元気にできるのです。
自分が夢を追いかけていれば、周りの人たちに自分のパッションが伝染します。
やりたいことを本気でやり続け、それをアウトプットすることが
自分と周りの人たちのエネルギーにつながります。
自分の仕事を深掘りすることで、周りにもっともっと貢献できるようになるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
なぜジョブズは、黒いタートルネックしか着なかったのか?関連記事はこちらから

    

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る