黙っていることを選び、感情や気持ち、考えや意見を声に出さずにいることが多いと、声を上げることはますます難しくなり、悪循環に陥ります。一方、声に出し、それを前向きに使えば、驚くほどの効果が得られます。時間をかけて自分を表現することによって本音が伝わり、自分のことや自分が何を考えているのかをもっとよく理解してもらえるだけでなく、より密接な関係を築くことにもなります。(ブレット・ブルーメンソール)

スクリーンショット 2017-01-16 14.47.39
photo credit: FotoMediamatic 2016.09.08 Odorama: Art + Distillation via photopin (license)

1週間に1つずつ。毎日の暮らしが輝く52の習慣の中で
人前で発言することの重要性が語られていました。
私たち日本人は自分の意見や考えを人前で主張することを躊躇しがちですが
これでは大きなチャンスを逃してしまいます。
間違っていたら恥ずかしい!クライアントの前では目立たない方がよいかも?と
ついつい考えてしまい、会議を黙ってやり過ごしてしまいますが、この態度は危険です。
人前で主張しないことで、多くのチャンスを失い、自ら未来を暗くしているのです。

自分の考えを表現することで、相手の理解が進み、人間関係をより良くできます。
自分のアイデアや夢を相手にしっかりと伝えれば、応援やサポートも受けられますから
とにかく人前で発言することを自分の新たな習慣にしましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

1週間に1つずつ。毎日の暮らしが輝く52の習慣 [ ブレット・ブルーメンソール ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/11/28時点)果が生まれることもあります。

声を上げることは自信や自尊心を育てるうえで大切です。思ったことを自分の中に抱え込むと、目の前の問題について意見がないというメッセージを、気づかないうちに発してしまいます。その結果、決断をほかの人にゆだね、考え方や感じ方を決められることになります。さらに、自分の直感が信じられなくなり、自分の考えとほかの人が自分に期待する考えとの区別ができなくなってしまうのです。

自分の考えを表現しなければ、結果として自分が損をしてしまいます。
意見がないというのは、自分には価値がないと言っているのと同じです。
このネガティブアピールを今すぐ終わりにしましょう!

積極的に発言することで、私たちは自信を得られます。
人前で話すためには、確かに勇気が必要ですが
一度話すと決断すれば、それほど難しいことではありません。
私もUSTREAMで番組を始めた時には、相当の勇気が必要でしたが
番組に慣れたら、人前で話すことが楽しくなり、心配が杞憂であることがわかりました。
ソーシャルメディアで自分の意見を話すことで
共感してくれる人が現れ、人脈も豊富になりました。
ソーシャルメディア経由のオファーも増え、ビジネスが一気に広がりました。
(私の場合、出版や連載、起業などがここからいくつもスタートしています)

自分を表現することは、ほかの人からの尊敬を得ることにもつながります。

自己表現することがパーソナルブランディングとなり
ここから変化への道が切り開かれていきます。
その際、完璧を目指すとアウトプットできなくなりますから
60点の出来でもよいので、勇気を持って話をしてみましょう。
アイデアを伝えることが相手への貢献になると考え、遠慮せずに発言するのです。
価値がないと思ったアイデアや気軽なアドバイスが相手の背中を押し
新たなビジネスがそこから、スタートするかもしれません。
アイデアを自分の頭の中に閉まっておくのではなく
人に伝えることで、面白いプロジェクトが動き始めるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
ブレッド・ブルーメンソールの関連記事はこちらから

      

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る