大成功の出発点は、大きく考え、それによって得られた情報をもとに行動を起こすことだ。誰もが同じだけの時間を与えられている。ハードワークは単なるハードワークに過ぎない。与えられた時間の中で何をするかで、達成するものが決まるのだ。そして、何をするかは何を考えるかによって決まるから、どれほど大きく考えるかが、どれほどのものを達成できるかの出発点になる。どの程度のものを達成するにしても、何を、どのように、誰とするか、それに見合った組み合わせが必要になる。

スクリーンショット 2017-01-31 12.04.08
photo credit: jeronimoooooooo Atalho via photopin (license)

ゲアリー・ケラーワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果書評ブログを続けます。
私は100の夢リストを活用して、大きな目標を考えるようにしています。
今の自分の延長線上から考えると、目標は現実的になりますが
未来のなりたい自分をイメージすることで、実現不可能なアイデアが浮かんできます。

それをリストに書き出して、実現する方法を考えてみるのです。
この時に誰といっしょにやるかを考えると、ワクワクできます。
もし、その人と上手くいきそうだと感じたら、その夢を仲間に話すのもよいでしょう。
夢を人に伝えることで、実現への道が拓けます。
相手に宣言することで、脳がその夢を意識し、実現する方法を考え始めるのです。
夢のリストをオープンにすると周りの人のサポートも得られます。
夢を叶えるためのヒントやキーマンを紹介してもらえるようになります。
GYAKUSAN株式会社では、役員と株主で夢リストを共有して
実現のための方法を絶えず探っています。
ここからいくつも面白いことが起こり始めていて、その効果に驚いています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワン・シング [ ゲアリー・ケラー ]
価格:1468円(税込、送料無料) (2017/1/29時点)

大きな目標を設定すると既存のやり方だけでは、実現できないことが多いのです。
達成するためには、新たなやり方を考える必要があります。
クリエイティブなことを考えたり、インプットを増やさなければ、夢は実現できません。
また、解決できる人を積極的に探すようことで、人脈が豊富になります。
過去の延長線上では達成できない目標を立てることで、私たちの行動は一気に変わるのです。

プランが決まったら、あとは行動に移すだけです。
積極的に動いた分だけ、ヒントが見つかります。
行動を最大化することが、実は成功の早道なのです。

「大きいこと」を恐れると、私たちはそれと反対の動きをする。成果やチャンスが少なくなるほうへ行くか、 「大きなもの」から逃げ出す。だが、 「大きく」生きることによってのみ、真の人生を経験し、潜在能力を活かすことができるのだ。

逆に、ビジョンを小さくすると活動範囲が狭まります。
これでは、クリエイティブなマインドも育ちませんし、積極的な行動も望めません。

人生をワクワクなものに変えたければ、まずは突拍子もない夢を考えてみましょう。
100の夢リストを使って、本当にやりたいことを見つけて、自分の行動を変えてみるのです。
自分の人生には限りがあるのですから
遠慮せずに、できるだけ多くの夢を叶えてしまいましょう。

■セミナーのお知らせ
サンクチャリ出版さんとセミナーを開催します。
テーマ:ダメダメ人生から復活する方法
アルコール依存症から脱出した私のメソッドを全てお話しします!
日時:2月9日19時 会場:千駄ヶ谷サンクチュアリ出版セミナールーム
詳細はこちらからお願いします。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

      
       

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る