• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

これまでと同じことをしていたら、同じものしか手に入らない。(アンソニー・ロビンズ)


photo credit: Bennilover “A friend who became a daughter and her sons my grandsons…” via photopin (license)

10年前にお酒をやめようと思ったときに
冒頭のアンソニーロビンズの言葉を何度も読み返しました。
お酒をやめない限り、自分の人生を変えられないと考えた私は
この言葉をアフォメーションにして、つらい断酒を続けました。

バーナード・ロスは、自分の望みを叶えたければ、人の力を借りることだと書いています。
私も周りの人たちの応援があったから断酒ができたので、この考えにとても共感を覚えました。
スタンフォード大学dスクール 人生をデザインする目標達成の習慣から以下引用します。

自分一人の力で望みを叶えられることなど、めったにない。多少は友人からの助けが必要になる。よく言われるように、「何」を知っているかではなく、「誰」を知っているかが重要になる。わたしもこれに同感だ。だが、もう少し穏やかに言い換えたい。物事を解決するには、互いに助け合うほうがうまくいく。(バーナード・ロス)

その際、私は3つの力を借りることで、お酒という悪い習慣を捨てられました。
特に、家族のサポートがなければ、アルコールは絶対にやめられなかったはずです。
娘たちの前で情けない姿を見せないようにする、立派な父親になると決め
私はお酒を飲まなくなった未来の素敵な父親をイメージしました。
子供や奥さんが、人に自慢できる父親に生まれ変わることを決めたのです。
家族のために、二度とお酒を飲まないことが、私の人生のルールになりました。
家族とお酒なしに関わることで、私は旅行やピアノなど
様々な体験を重ね、幸せな時間を過ごせました。
お酒以外に幸せがあることを家族のおかげで気づけました。

家族のサポート以外に、私は2つの力を活用しました。
それは、読書会などのコミュニティとコーチングです。
当たり前ですが、お酒を飲まないということは、素面でいるということです。
毎晩、私はお酒を飲んでいたために、夜の時間はほとんど飲み会で埋まっていました。

断酒を境に、このスケジュールが一気になくなったのですが
私はお酒を飲まないようにするために、別の行動を必死で考えました。
代替案を作らないと、また、お酒中心の生活に逆戻りしてしまうのが怖かったのです。

まずは、大好きな本を読むことで、暇な時間をなくすことにしました。
しかし、読書は孤独な行為ですから、これだけではお酒の力に負けてしまいます。
私は誘惑に打ち克つために、読書会や勉強会などのコミュニティに参加することにしました。
朝晩の読書会やソーシャルメディアの勉強会に出席することで
私はお酒のない時間を過ごせるようになりました。

そして、読書会や勉強会を通じて、アウトプットの重要性を発見しました。
インプットしたことを言語化し、アウトプットすると仲間に貢献できます。
自分で読書会を主宰したり、ソーシャルメディアのニュースをアウトプットすることで
人から感謝されるようになり、幸せな気分を味わえるようになったのです。
私はここに喜びを見出せたのです。

他人から学ぼうと思えばいくらでも学べる。他人の優れた言行はお手本にし、残念な言行を他山の石にできる。(中略)他人にアドバイスを求めることを躊躇する必要はない。

断酒後、しばらくして、私は新堀進さんというコーチに出会えました。
私は新堀さんから多くのことを学びました。
毎週、コーチングを受けることで、新堀さんの言葉や思考を自分のものにできたのです。
ネガティブな感情を捨て、ポジティブに考えることが新たな習慣となり
自分の行動を変えられました!
また、自分を変えるためには、自分への質問が重要だと気づけました。
「今、何をすべきか?」「どうすれば悪い習慣を捨てられるか?」と自問することで
自分のダメな部分を意識し、改善できるようになったのです。

コーチングを通じて、夢を叶えることが自分にもできると考えた私は
子供の頃の夢だった出版を自分の目標に設定しました。
多くの飲み友達が私には無理だと言いましたが
読書会や勉強会の新しい仲間たちは、本の書き方をアドバイスしてくれたり
出版社を紹介してくれるなど、応援してくれたのです。

出版という目標を決めて、あきらめずに情報発信を続けるうちに
数年後に本当に出版のオファーが届いたのです。
ついに、子供の時の夢が叶い、私は自分に自信を持てるようになりました。

このように家族や仲間、コーチの力を借りることで、ダメダメだった自分を変えられます。
悪い習慣を捨てるために、自分一人で苦しまなくてもよいのです。
一人で戦うのはやめて、周りの人の協力を仰ぎましょう。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
バーナード・ロスの関連記事はこちらから

      

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る