恐怖感とは自分の思考でしなかないと気づけば、チャレンジが当たり前になる。

人を妨害するのは物事ではなく、みずからの考え方である。(エピクテトス)


photo credit: forum.linvoyage.com high in the sky. Parachutist on a view point Ya Nui via photopin (license)

私たちがなにから逃げているのかといえば、それは怖れでもなく、外の世界でもなく、自分からになるのです。皮肉なことに、私たちは逃げ切ることはできません。なぜなら、どこへ行っても必ずそこに自分がいるからです。私たちは、心の奥底では、逃げても幸せにならないということを知っています。本当に満たされるためには、怖れと向き合い、精一杯人生を生きるしかないということを。(ヘンリ・ユンティラ)

ヘンリ・ユンティラあなたの考えは、あなたをだますの中で
自分から逃げることをやめない限り、夢は叶わないと指摘しています。
私たちは当たり前ですが、絶対に自分からは逃げられません。
自分の人生を満足いくものにするためには、恐怖と向き合わなければなりません。
自分の夢を叶えたいなら、ワクワクすること好きなことに
挑戦するなら成長すると決めることです。
過去の居心地のよい場所(コンフォートゾーン)に安住するのをやめ
自分の夢に向かって、小さな一歩を踏み出してみましょう。

人生は難しいことがあるから、楽しいのです。
過去の逆境について思い出すと、それを乗り越えたことが自分の糧になっています。
逆境を苦しみだと捉えるのではなく、成長の過程にいると評価を変えてみましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あなたの考えは、あなたをだます [ ヘンリ・ユンティラ ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/2/1時点)

リスクのない人生はありません。リスクを拒否することは、人生の最大の喜びである愛、友情、家族、芸術、そして、ワクワクすることへのチャレンジを拒否することになります。好きなことをし、夢に思い描いた人生を送る人は勇敢です。

私は44歳までチャレンジをしない人生を送っていました。
酒に逃げることを選択し、行動することを自ら放棄していたのです。
これでは人生がつまらないまま終わると感じた私は、自分の夢を書き出すことにしました。
10年前に自分のコンフォートゾーン(酒)から抜け出すこと
自分から逃げることをやめたことで、夢が叶い始めたのです。

出版や起業など、以前の私が考えもしなかったことが、次々実現していったのです。
ワクワクすること、好きなことがあったなら、まずはそれを実現すると決めることです。
もしも、逃げたいと思っても、それが自分の「思考」から生まれていると気づけば
行動することが怖くなくなります。
恐怖感を乗り越えるために、小さな一歩を踏み出しましょう。
日々これを繰り返すうちに、新たな行動を自分の習慣にできるようになります。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
ヘンリ・ユンティラの関連記事はこちらから
      

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13 

ソーシャルメディアを武器にするための10カ条 [ 徳本昌大 ]
価格:918円(税込、送料無料) 


価格:2380円(税込、送料無料)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る