• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たいていの人は、目標を達成すれば幸せになれると考えている。つまり、幸せはどこか別の場所にある。それほど遠くない場所かもしれないが、ここではない。そう考えている。しかし、この考え方には、問題がある。目標を達成しなければあなたは幸せになれないからだ。もしも目標が実現できなかったら”幸せになれるいつか”は永遠にやってこないかもしれないことになる。だから、幸せを目標達成の道具にしてはいけないのだ。(スティーヴ・チャンドラー)


photo credit: homethods Entrepreneur, Employer, Leader – Credit to https://homethods.com/ via photopin (license)

不幸な自分を演じてしまう理由
以前の私もスティーヴ・チャンドラーが指摘するような人生を送っていました。
今考えると全く意味がないのですが、当時の私は不幸な自分を演じて喜んでいたのです。
自分の不幸をある種の「道具」として利用することで
失敗の言い訳にしたり、人から同情を買っていたのです。
「不幸な経験が豊富なので、思いやりの心がある」
「自分も不幸だから、人の痛みがわかる」と言ったところで
それは自己アピールでしかなく、何の解決策を生み出しません。
不幸な自分に良いことが起こるわけがないと考えていると
もっと不幸になってしいますから、この生き方はとても危険です。

フレッド・クナイプの「不幸になると得をすること」リスト
演出家のフレッド・クナイプは「不幸になると得をする」というリストを作っています。

・不幸な人は、いい人だと思われる
・不幸な人は、責任感があると思われる
・不幸な人は、他人を傷つけない
・不幸になるのは、他人を思いやっている証拠
・不幸になるのは、現実的で世の中がわかっている証拠
・不幸であるということは、何かの問題に取り組んでいるということ……

このリストによれば、たしかに不幸な人の方が誠実で
思いやりのある人物のように思えてきますが
それが本当なのか?疑問を感じてしまいます。

わざわさ不幸な人を演じることが、本当に意味があることなのでしょうか?
私の周りを見回しても、不幸なふりをしている人よりも
幸せな時間を楽しんでいる人の方が、はるかに誠実で責任感があるように思えます。
間違いなく良いことを引き寄せている幸せな人の方が、世の中に貢献しています。
だとすれば、不幸な自分を演じるのは自己満足でしかなく、時間の無駄です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自分を変える89の方法 [ スティーヴ・チャンドラー ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/3/28時点) 

今すぐ不幸な人を演じるのはやめた方がよい理由
私たちは自分から不幸になる必要はありません。
不幸な自分を演じているうちに、不幸な出来事を引き寄せてしまいます。
また、類は友を呼びますから、不幸な人が周りに集まり、運を悪くしてしまいます。

人との共存共栄関係を上手に作れる人が、幸せになれるのですから
不幸なふりをする暇があったら、他者への貢献を考えた方がよいに決まっています。
貢献しようと考える人ほど誠実になれますし、人の気持ちも理解できるはずです。
自分が幸せだから、周りの人も幸せにしようとするのです。

夢を叶えた幸せな人は、周りにワクワクな気持ちを伝染させようとします。
リチャード・ワイズマン運のいい人の法則の中で次のように言っています。

運のいい人は、いつも偶然のチャンスに巡り合う。自分の人生にとって大きなプラスになる人と偶然、会ったり、新聞や雑誌を読んでいて、たまたま面白そうな記事に気づいたりするのだ。一方、運の悪い人はそのような経験がめったになく、たとえばスティーブンのように、自分の人生にとってマイナスにしかならない人と出会ってしまう。運のいい人は自分でも理由がわからないまま、正しい選択をしているものだ。(リチャード・ワイズマン)

自分の運を良くするためには、偶然の出会いが大切です。

リチャード・ワイズマン博士の運を良くするための4つの法則
リチャード・ワイズマン博士は運を良くするための4つの法則を紹介しています。
■法則1 チャンスを最大限に広げる。
運のいい人は偶然のチャンスをつくりだし、チャンスの存在に気づき、チャンスに基づいて行動する。
■法則2 虫の知らせを聞き逃さない。
運のいい人は直感と本能を信じて正しい決断をする。
■法則3 幸運を期待する。
運のいい人は将来に対する期待が夢や目標の実現をうながす。
■法則4 不運を幸運に変える。
運のいい人は不運を幸運に変えることができる。
これを読むと不幸な自分を演じるよりも
ポジティブに行動した方がよいことがわかります。
不幸なふりをするよりも、未来の幸せな自分をイメージし、今ここに集中したほうが
結果を残せるようになるはずです。

幸せは生まれながらの権利だ。何かを達成したから幸せになれるのではない。目的地に着いたときだけが幸せなのではない。その途中も幸せでいられるのだ。(スティーヴ・チャンドラー)

幸せになるためには、今を楽しんだ方ほうが良さそうです。
不幸なふりをしていては、一番大事な「今」というギフトを楽しむことはできません。
幸せになることを目的にしたり、不幸な自分を演じるのをやめて
今を生きていることを楽しみましょう!

参考図書 自分を変える89の方法(スティーヴ・チャンドラー著)
リチャード・ワイズマンの関連記事はこちらから

     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る