嫌なことをすぐに撃退できる大丈夫マインドを身につけよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

雑誌「サイエンス」に発表された研究によると、人間は起きている時間の46.9パーセントもの間、実際にしていることとは別のことを考えているという。この「注意散漫」という状態は、人間ならではの認知力がなせる技だが、この状態が長く続くと幸福度が下がるという問題もある。(パム・グラウト)


photo credit: homethods prayer on beach – Credit to https://homethods.com/ via photopin (license)

自分の貴重な時間を無駄にしないために!

サイエンス誌によると、多くの人たちは今ここに集中できていないようです。
起きている時間の半分を無駄にしていたなら
結果も残せませんし、自分の人生をエンジョイできるはずがありません。
これはとてももったいないことです。
今ここに集中できず、注意散漫になることで、人は自ら幸福度を下げているのです。

パム・グラウトは、猛烈な感謝の気持ちを持つことで
今ここに集中できるようになると書いています。
私たちは人生の多くの時間を不安な気持ちで過ごしています。
これを避けるために、大きく深呼吸しながら
自分の身の回りの幸せのタネを探してみましょう。
自分が持っていないものにフォーカスするのではなく
所有物に意識を向けるのです。
自分の恵まれた環境を認めて、幸せな気分を味わいましょう。

たとえ何があっても、あなたは大丈夫。いつでもそれを忘れないようにしよう。どんな気持ちになっても、あなたは大丈夫。何を考えても、あなたは大丈夫。たいていの人は、人生を「大丈夫」と思わずに、恐怖にかられてパニックを起こしている。何かを変えなければと焦り、くたくたに疲れている。

また、何があっても大丈夫と考え、心配性の自分を捨ててしまうのです。
過去に考えた不安なことは、ほとんど現実にならなかったはずです。
多くの心配は時間の無駄でしかないのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「感謝」で思考は現実になる [ パム・グラウト ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/4/5時点)

ダメな時でも、大丈夫を口癖にしよう!

人間の思考は電気を発している。思考が「大丈夫じゃない」モードに入ると電気が乱れ、癒やしの力が遮断されてしまう。「大丈夫」という言葉には、愛のエネルギーがある。だから、人生で何が起ころうとも、ただ「大丈夫」と言ってみよう。

どんなにつらいことがあっても、自分に向かって、大丈夫という言葉を発しましょう。
大丈夫というマインドが自分の周りに良い風を吹かせてくれます。
逆に、嫌な考えに支配されると、悪いことを引き寄せてしまいます。
脳が解決策を考えられるように、不安なモードから脱却しましょう。

ダメなことが起こっても、その事象に感謝の気持ちを持つのです。
感謝のタネを蒔き、それを育てることで現状を打開できます。

感謝の気持ちでいる人は、まるで磁石のような存在だ。磁石が砂鉄を集めるように、欲しいものがあなたのまわりに集まってくる。反対に、文句ばかり言っているときは、いいものを遠ざけてしまう。気に入らない状況の中に、どんなに小さくてもいいので、何か一つでも感謝できることが見つかれば、それをスーパーサイズの現実にすることができる。レタスの種と同じだ。最初は小さいけれど、やがて栄養たっぷりの大きな葉っぱのボールに成長する。感謝の気持ちには、何かを起こす力がある。感謝は種だ。ただし言うまでもないことだが、感謝が本来の力を発揮するには、今までの考え方を捨てなければならない。夢をかなえるのは大変で、時間と努力が必要だと言う古い考え方だ。

引き寄せたい明るい未来を絶えずイメージし、それに自分の意識をフォーカスするのです。
その際、感謝の気持ちを持ちましょう。
感謝が本来の力を発揮することで、良いことを引き寄せます。
「ありがとう」を口癖にすることで
周りに運の良い人が集まり、あなたの目標を応援してくれます。

映画監督は、自分が撮りたいものをはっきり決めている。それと同じように、私たちも自分の見たいものをはっきり決めなければならない。今見えているものなのか、それとも何か別のものなのか。カメラを構えているのは私たちだ。何を撮るかは、私たちが決める。現実は流動的だ。永遠に動き続け、新しい展開が現れる。どんな新しい現実を作るかを決めるのは、私たち自身だ。どこにカメラを向け、何にスポットライトを当てるかを決めるのは私たちだ。

そして、自分が実現したい未来を明確にイメージしましょう。
ゴールを決めることで、夢の実現スピードが加速します。
目標にスポットライト当てて、感謝の気持ちを持つことで
良いことが引き寄せられてきます。
不安な気持ちを捨てて、ワクワクしながら行動するのです。

まとめ

嫌なことにフォーカスするのは今日でやめましょう。
大丈夫マインドを身につけ、嫌なことを撃退してしまうのです。
自分のやりたいこと、好きなことに積極的に時間配分し
今ここに集中することで、未来を明るく変えられます。
ゴールを明確にし、感謝とワクワクな気持ちでアクティブに行動すれば
チャンスが引き寄せられてきます。
自分は大丈夫だと思って、行動するうちに、いくつもの夢が叶うようになります。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
参考図書 パム・グラウト感謝」で思考は現実になる
パム・グラウトの関連記事はこちらから
ジル・ボルト・テイラーの関連記事はこちらから

    

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る