• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「私も将来は、あんなふうになれればいいな」「私もいつかはあんな仕事をしたい」そんな漠然とした夢や希望は、多くの人がもっているものです。そしてその中でも、自分の夢を叶えられる人もいれば、いつの間にか夢から遠ざかっている人もいます。その差はいったいどこにあるのでしょうか。夢に近づいている人というのは、自分がなりたいものを明確にイメージできています。そしてそれに向かって一歩ずつ歩んでいる。(枡野俊明)


photo credit: LyndaSanchez Beautiful young couple relaxing on couch via photopin (license)

「夢は叶う」とまずは意識を変えてみよう

夢が叶う人はいつでも目標を明確にし、それをしっかりと意識しています。
その一方で夢が叶わない人は、自分の目標がとても曖昧です。
いつかは夢が叶えばよいぐらいに考えているため、夢の実現が遠ざかるのです。
思っているだけだとなかなか夢は叶いません。

夢を書き出し、その締め切りを作らない限り
私たちは日頃のルーティンに流されてしまいます。
時間を意識しない限り、私たちは夢をないがしろにしてしまいます。
夢を叶えたければ、まずは小さな一歩を踏み出し
それを習慣にしてみましょう!

また、夢を諦めないことも重要です。

現実というのは厳しいものです。いくら夢をもって努力をしても、その夢に辿りつける人のほうが圧倒的に少ないもの。だからといって諦めてしまえば、その時点で可能性はゼロになってしまいます。

夢を叶えることは、とても難しいことですが
実現している人もたくさんいます。
「夢は叶う!」とまずは、自分の意識と行動を変えてみましょう!

自分の周りに、夢を邪魔する人(ドリームキラー)が多ければ
運はよくならないと考えて、人脈を変えてみるのです。
夢を諦めない人と交流することで、新たな行動がつらくなくなります。
夢を叶えている人のやり方を真似たり
彼らと付き合うことで、ポジティブに行動できるようになります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

限りなくシンプルに、豊かに暮らす [ 枡野俊明 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/4/9時点) 

夢の周辺にチャンスは転がっている。

以前の私は本を書きたいという夢を持っていましたが
何十年もの間、何も行動を起こさずにいました。
いつかは叶えばいいなと漠然とした思いだけで
日々の生活に流され、無為に過ごしていたのです。
こんな態度では、一生チャンスは見つかるわけはありません。
私はコーチのアドバイスに従い
夢を意識し、自分の行動を変えることにしました。

本気で本を書きたければ、出版業界の人たちと付き合う必要があります。
自分が抱いた夢の周辺にいれば、出版のヒントをもらえます。
私は出版している仲間のインタビューをUSTREAMで行ったり
TwitterやFacebookで書籍を紹介することにしました。
このアクションを始めてからわずか一月後に
編集者と出会え、半年後には憧れの存在だった著者になれたのです。
その時に「チャンスは自らつくるものだ」と気づけ
それ以来、いくつもの夢を叶えられるようになったのです。

夢の周辺にいることで、新しい夢に出会うことができるのです。「私はほんとうは、こんな仕事がしたかった」と過去を振り返る人がいます。そういう人はきっと、本気でその仕事に就きたいと思っていなかった。もしも本気で思っていたのであれば、その人は夢の仕事の周辺を歩いていたはず。そしてその場所で、新たな夢と出会っていたはずです。

夢の周辺を歩くこと、夢を叶えている人と付き合うことが
夢を叶えるための近道なのです。

まとめ

夢は必ず叶うとは限りませんが
何もしなければ、人生を面白く出来ません。
まずは、自分の夢を思い出し、それを明確にしましょう。
夢の周辺に近づくことで、チャンスを見つけられます。
夢を叶えている人と付き合えば、アドバイスを受けたり
人を紹介してもらえるなど、自分の夢に近づけます。
これを繰り返しているうちに、良いことが引き寄せられるようになるのです。
子供の頃の夢が叶ったり、新たな夢に出会うために
夢の周辺にいるようにしましょう!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
枡野俊明氏の関連記事 
参考図書 限りなくシンプルに、豊かに暮らす

    

    

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

参考サイト
http://column.bizright.co.jp/
 

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る