幸せになるための近道は何か??

習慣化

幸せになる方法は、良い人間関係を創ること(ロバート・ウォールディンガー)


photo credit: maxdid Pako via photopin (license)

幸せは良い人間関係によって創られる

多くの人は幸せになるためには、お金や名声が必要だと考えていますが
ハーバード大学の研究結果がその考えを覆しています。
ハーバード大学の心理学者のロバート・ウォールディンガー
75年の間、ハーバード大学に在籍した724人を対象に
毎年、健康診断や心理テストを行ってきました。
仕事・健康などについて、追跡調査を行い
「良い人間関係」を築けた人が最も幸せになるという事実を発見します。

人間関係が良い人たちは、そうでない人たちよりも
はるかに健康的な生活を送ります。
逆に孤独な人は長生きできないことがわかっています。
家族や友達、地域のコミュニティなどと
繋がっている人ほど長生きするのです。 
孤独の人は体だけでなく、 脳機能の衰えも早く 
寿命も短くなりがちです。

75年に渡る研究で、定年退職後も幸せだった人は
会社以外の新たな友人を自ら作った人達でした。
どんな時でも仲間や家族があなたを救ってくれるのです。
脳が活性化することで、彼らはワクワクしながら
色々なことにチャレンジします。

自分が提供できる価値をしっかりと作ろう!

自分が本当に求めるものを手に入れたときの精神体験にこそ、本当の意味での価値がある。それは、人に愛されているという感覚かもしれないし、充実感や達成感かもしれない。安心、幸せ、士暑び、さらには言葉にならない不思議な感覚かもしれない。実質的な価値を求めて、私たちが一生をかけて追求し続けたくなる感覚だ。(リー・ウェイウェン)

幸せになるためには自分自身を変えなければなりません。
人との関係を良くしたければ、自ら貢献することです。
待っているだけではダメで、積極的に動きましょう。
価値を提供すれば、周りから喜ばれ
多くの人から好かれるようになります。
年齢差や性別、国籍などを気にせずに
自分が何で貢献できるかを考え、行動に移すのです。
友達がいなければ、いくらお金があっても
寂しい人生を送ることになり、健康も害します。
そうならないために家族や、仲間、コミュニティを大切にしましょう。

まとめ

人間関係が良くなることで、私たちは幸せになれます。
逆に孤独が早死を引き起こしたり、幸せを遠ざけます。
一人でいる時間が長くなると脳の機能も退化します。
この事実を理解すれば、人との関係を変えたくなるはずです。
幾つになっても、良い友達を探すべきです。
家族や仲間との直接的なコミュニケーションを
私たちはもっともっと意識すべきです。
より良い人間関係を構築して、幸福な人生を手に入れましょう!

今日もお読みいただき、ありがとうございました!!
参考 TEDのロバート・ウォールディンガーの翻訳
成功する人はなぜ、「この7人」を大事にするのか? / リー・ウェイウェン

    

    

Loading Facebook Comments ...

コメント