• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

結果がわからないときでも、行動を起こして新しいチャンスを切り開くこと、偶然の出来事を活用すること、選択肢を常にオープンにしておくこと、そして人生に起きることを最大限に活用することです。私たちは、決して計画を立てることを否定するわけではありません。ただ、うまくいっていない計画に固執するべきではないと考えているのです。(ジョン・D・クランボルツ)


photo credit: Accounting Training Close-up of Business people discussing a financial plan via photopin (license)

プランがうまくいかなくても、決して諦めない!

ジョン・D・クランボルツその幸運は偶然ではないんです!
時々読み返し、積極的な行動を意識するようにしています。
著者はスタンフォード大学で偶然心理学を学び始め
今では押しも押されぬ存在になっています。
過去の人生を振り返って見ると多くのキャリアが
偶然から生まれていることに彼は気づきます。

私も自分の職業人生について考えてみましたが
多くの場合、偶然のおかげでチャンスを手にしていました。
たまたま会った友人からの紹介や起業家仲間から誘われたことがキッカケ隣
いくつもの新しいプロジェクトが始まったのです。
もしも、一つの会社の中の人脈だけを頼りにしていたら
今の私の人生はこうも刺激的ではなかったはずです。

私はサードプレイスという勉強会に参加していますが
このコミュニティが私の人生に刺激を与えてくれています。
自分の会社や家族とは別の第三の場所を持つことで
思考や行動が異なる人たちに出会えます。
多様な人たちとの交流によって、人生をワクワクなものに変えられると考え
私はサードプレイスのサポートをしています。
私の知識や体験、ノウハウを毎回の勉強会でお話ししていますが
みなさんが、そこから新たなチャレンジを始めています。
年をとると失敗を恐れ、行動がおろそかになりますが
お互いの夢を語り合い、サポートすることで
エネルギーが生まれ、アクティブになれるのです。
会社以外の異なるコミュニティに所属すると
自分が世の中に貢献できることを再認識できます。

過去の経験に縛られるのではなく、会社とは別のコミュニティに参加すると
頭が切り替わり、違うアプローチが考えられるようになります。
あなたを応援してくれる人が突然、現れ、そこからプロジェクトが動き始めるのです。

「私の居場所はここしかない」「これ以外の仕事はやりたくない」と考えるのではなく
気持ちをオープンにして、新たなことにチャレンジしてみましょう。
何事も前向きに受け止め、行動すると誰かがサポートしてくれます。
自分のキャリアや未来は、偶然によって左右すると考え
いろいろ人に会ったり、多くのプロジェクトに首を突っ込んでいると
チャンスを引き寄せることができます。
元々は広告会社で戦略を考えていた私が
出版や起業、海外進出できるようになったのも偶然を利用したからです。
私たちはサードプレイスをそういう場所にしたいと考えています。

個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定される

個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定される」と
ジョン・D・クランボルツ教授は言います。
実際、私の周りの成功者たちも同じようなことを話しています。
偶然を計画的に設計して、自分の未来を明るくしようと考え、行動すれば
ワクワクなことが起こり始めます。
そのために必要なマインドをクランボルツ教授は5つ挙げています。

■「好奇心」たえず新しい学習の機会を模索し続けること
■「持続性」失敗に屈せず、努力し続けること
■「楽観性」 新しい機会は必ず実現する、可能になるとポジティブに考えること
■「柔軟性」 こだわりを捨て、信念、概念、態度、行動を変えること
■「冒険心」結果が不確実でも、リスクを取って行動を起こすこと

社会が激変する中で、いつまでも会社だけに頼っていると
新しいことを生み出せません。
昨日と同じルーティンがあなたの感性や能力を麻痺させてしまいます。
それを避けるために、好奇心を持って、積極的に動きましょう。
未来は予測できなくても、アクティブに行動することで
新たな仲間と出会え、自分のコミュニティを作れます。
今までとは違う人脈があなたにチャンスを運んできてくれます。
未来を楽観視し、冒険心を持って、行動すれば
失敗が怖くなくなります。
色々な人のアドバイスを受けながら、違うアプローチを考えれば
トラブルも短期間で解決できるはずです。
計画された偶然を味方にできれば、未来を明るく変えられるはずです。

まとめ

思い切って、行動していれば、思わぬチャンスに出合うえます。  
時には失敗することもあるでしょうが
自分はうまくいくはずだと信じて、諦めずに別のアプローチを考えましょう。
一度、動きを止めてしまうと、未来は現状のままで、変わりません。
自分の人生をよくしたければ、計画的偶然性理論を信じて
好奇心を持って、動き回りましょう。
失敗を恐れずにに、アクティブに動くことで
自分の人生やキャリアにつながるチャンスを得られます。
サードプレイスではそのお手伝いをしていきたいと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

     

    

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る