• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ここで大切になるのが「意識」だ。フエイスブックを見ているときに脳内で何が起きるかを意識する。これが悪い習慣から抜けだす第一歩だ。脳内で何が起きるかを意識すると、探し求める行為をしている自分に気づくようになる。インターネットというブラックホールに吸い込まれそうになっている自分に気づいたら、すぐさまネットから離れよう。脳はパターンづくりが大好きだ。気づいたらネットから離れるという行動を繰り返せば、その行動はしだいに定着する。(ショーン・スティーブンソン)


photo credit: Anthony Quintano Facebook Headquarters 1 Hacker Way Menlo Park California via photopin (license)

Facebookと睡眠のどちらを優先するか?

2009年にソーシャルメディアにはまって以来
私はバーチャルでのつながりを優先するようになりました。
朝起きた時から夜眠るまで、iPhoneでFacebookやTwitterをチェックし
画面の先の誰かとのコミュニケーションに時間を使っていました。
私の人生の中心にFacebookなどのソーシャルメディアがあり
それを補完するのがリアルの人間関係になっていたのです。
バーチャルな世界の交流には時間という概念がなく
いつでもつながれる代償として、私は大切な資産である時間を浪費していました。
リアルな交流や睡眠時間よりも、私はFacebookを優先していたのです。
これは本末転倒の話で、私はソーシャルメディアの使い方を変えることにしました。

ショーン・スティーブンソンが指摘するように
Facebookが悪い習慣になると自分の時間がなくなります。
Facebookを使わないと意識しない限り、大切な睡眠時間が犠牲になります。
自分の一つ一つの行動を意識することで
インターネットというブラックホールに吸い込まれなくなります。
必要以上にソーシャルメディアに時間を使っていると思ったら
自分の本当にやりたいことを思い出しましょう!

睡眠前の時間を自分のために使うと決める!

寝る前に電子機器を使う習慣をなくせるかどうかは、代わりに楽しいことがあるかどうかが大きなカギとなる。「よし、今夜は寝る2時間前にコンピュータの電源を落とすぞ。インターネットめ、お前の思いどおりにはさせないからな」と心に決めたなら、その場に座ってぼんやりしていてはいけない。そんな状態でいれば、間違いなくネットを使えない禁断症状が出る。寝る前に電子機器を使う習慣を変えるつもりなら、それと同等以上に楽しいと思えることを代わりにするのだ。音楽を聴く、家族や友人と話す、本を読むなど何でもいい。

睡眠前の時間はデジタルデバイスから離れると決めると
ソーシャルメディアやネットサーフィンに貴重な時間を使わなくなります。
睡眠を削ると幸福度が下がることがわかっています。
ガンになるか確率が高まったり、肥満になりやすくなります。
1時間睡眠を削ると、幸福度や生産性、健康レベルが確実にダウンします。
睡眠を削ると脳はアルコールを飲んでいる状態と変わらなくなります。
(睡眠不足の関連記事はこちらから)

ブルーライトを浴びると睡眠ホルモンであるメラトニンが抑制され
私たちは覚醒して、眠れなくなります。
寝床でiPhoneを使って、ソーシャルメディアをチェックしていると
人への関心とブルーライトによって
眠さが抑えられ、私たちは睡眠不足に陥ります。
ですから、眠る2時間前からは、ブルーライトを浴びないように
デジタルデバイスを遠ざけるようにしましょう。

寝る前に少しでも電子機器を使いたくなれば、寝不足になりかねない。この悪循環を断ち切るための何かをすることが大切なのだ。

就寝前には、iPhoneやソーシャルメディアを使わないように
自分の意識を変えるのです。
そのために、自分の一つ一つの行動を大切にします。
次に何をするのかをはっきりと決め、デジタルデバイスから距離を起きます。
Facebookを読みたくなったら、水を飲むなど
自分の習慣を変えてみるのもよいかもしれません。
ストレッチをしてもいいですし、好きな音楽を聞いてもよいのです。
紙の本を読んだり、瞑想をするのもよいでしょう。
私は朝早く起きて、ソーシャルメディアを使うことを自分のルールにしました。
FacebookやTwitterrを自分のご褒美にしたのです。

まとめ

睡眠不足を続けると自分のパフォーマンスを自ら落としてしまいます。
もしも、あなたが睡眠不足に悩んでいるなら
就寝前の自分の悪いと思われる習慣を書き出してみましょう。
もしも、デジタルデバイスを使い過ぎたり
ソーシャルメディアに依存していると気づいたら
自分の悪い習慣を良い習慣に置き換えてみるのです。
私は瞑想や感謝の気持ちを持って、一日を振り返ることを習慣にしたら
以前よりはるかに、よく眠れるようになりました。
また、寝る前に明日も良い日になると決めると
朝スッキリ目覚められるようになります。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
参考書籍 ショーン・スティーブンソンSLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術
ショーン・スティーブンソンのSLEEPの関連記事はこちらから

睡眠不足の関連記事はこちらから

     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る