• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ペンがあれば、自分の中で思いついた答えを自分に書き込むことができます。これが唯一人に奪われない財産です。世の中には毎日のようにオーディションやテストがあります。そこに持ち込み可能なものは、自分自身だけです。無人島に漂流しても、自分の中に広い世界があれば退屈しません。(中谷彰宏)


photo credit: josve05a_at_Wikimedia Multicolored Pencils via photopin (license)

書くことを習慣にすると退屈しなくなる!

夢を実現するために、今すぐできる50のこと中谷彰宏著)の中の一言に
とても共感を覚えました。
私もブログを書き始めてから、退屈することがなくなりました。
文章を書いたり、メモを取ることで
自分の内面との対話ができることに気づけたのです。

私の場合はペンはあまり使いませんが
iPhoneで絶えず、ブログのアイデアを練っています。
文章を書くうちに、脳の中で点と点がつながり、新たな妄想が生まれます。
その夢を書き残し、リストに加えることで、どんどん実現できるようになったのです。
ブログを書くことで、頭が整理でき、やるべきことが見えてきます。

夢をビジョンにする!

妄想を夢にし、それを実現するためには
イメージを描くことが大切です。
実現している自分を映像にし、それをコラージュして
自分オリジナルのビジョンボードを作成すると効果があります。
私は逆算手帳に写真を貼ることで、いつでも自分の夢を携帯できるようになりました。

中谷氏はメモを書くことで、イライラしなくなると書いていますが
ビジョンボードにも同じ効果があります。

ファミレスでダンドリが悪くてなかなか料理が来ない時も、イライラしないですみます。ナプキンにいろいろな思いつきをメモできるのです。メモする紙がない時は、何にでも書くことです。外国人のジーンズは、メモだらけです。ジーンズに書いたアイデアで、無限の財産が入ってきます。たとえお金が入ってこなくても、そのアイデアで楽しい未来が開けるのです。それが退屈しないで人生を楽しむ方法です。

隙間時間や暇な時間にそれを確認するとやる気をチャージできますし
今やるべきことを確認できます。
ビジョンボードが私の行動を後押ししてくれます。
人から待たされる時間を有効活用することで、イライラを減らせます。
その時間はアイデアを作ったり、それを見返す時間だと思えばよいのです。

まとめ

ペンやiPhoneを使えば。自分の内面との対話の時間を作れます。
自分の頭の中に浮かんだアイデアを大事にしましょう。
そこから妄想が生まれたら、それをメモに残すのです。
その妄想を映像化し、ビジョンボードにすることで
夢が現実味を帯びてきます。
なんども見返すうちに、それが当たり前になり、行動が怖くなくなります。
夢をメモに残し、映像化することで、夢が実現していきます。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

    

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る