山崎拓巳氏の「さりげなく人を動かす スゴイ! 話し方」の書評

ブログ

「君の言っていることは正しい」と相手の考え方をまず認める。そして、その次に、「君の話に納得しました。僕の話も聞いてくれる?」と「自分の思う正しい話」を話してごらんとアドバイスを受けました。すると、今までとはまったく違う展開になりだしたのです。(山崎拓巳)


photo credit: Kevin Masson – Landscape photography Gaëlle via photopin (license)

相手との関係を改善する話し方とは?

山崎拓巳氏のさりげなく人を動かす スゴイ! 話し方を読了しました。
このブログでも何度か山崎氏の書籍を取り上げていますが
今回も本書から多くの気づきを得たので、以下で共有したいと思います。

若い頃の山崎氏は、相手をやり込めるスタイルで
周りの人に厳しく接していたそうです。
しかし、できる先輩から冒頭のアドバイスをもらい
相手を褒めるコミュニケーション術を習得します。

その結果、多くの人の協力を得られるようになり
自分の世界を広げることができました。
他力を活用できるようになると人との出会いも変わります。
質の高い人たちがあなたを応援してくれるようになります。
上から目線ではなく、相手を褒めるコミュニケーションによって
優秀な人があなたの周りに引き寄せられます。

時には素直に人を褒められないこともあると思います。
そんな時には、当たり前のことでもよいので
優しい言葉をかけるとよいと山崎氏は言います。

当たり前のことを褒めるって、とても大切ですね。実践しようとすると気づくことがあります。褒めようと思ったら、その人に関心を持たなければ褒められません。「愛情の反対は憎しみではなく無関心」です(マザーテレサの言葉)。関心を持つってことは愛の実現となります。

相手に関心を持つと、相手の小さな変化や強みが見えてきます。
それでも難しいと感じたら、髪型や洋服のセンスを
褒めることからはじめてみましょう。
「あなたをちゃんと見ていますよ!」ということを伝えるだけで
相手の「自己肯定感」がアップし、人間関係をよくできます。

多くの現代人は世の中の変化に追いつけずに、自信を失っています。
その自信を取り戻してもらうために、優しい言葉をかけるのです。
当たり前のことを褒めるだけで、相手の自己肯定感を高められます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

さりげなく人を動かすスゴイ!話し方 [ 山崎拓巳 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/7/28時点)

表情や態度を変えてみる!

言葉に気を使うだけでなく、表情や態度を意識すると
相手との距離が一気に縮まります。

仕草も言葉以上の情報を聞き手に伝えます。それは「目の玉笑顔」が起点になっていると思います。誰かと話をするとき、「腕組み」なんてもってのほか。眉間を開いて、身も心も開いて、目の玉が笑い……そんな自分で話をしてみましょう。

笑顔が大事だと多くの著者が指摘していますが
目が笑うことで、より効果が出ます。
今回山崎氏の言葉を読むことで、相手に笑顔を向ける際に
口角だけでなく、目を意識することを決めました。

また、腕組みも厳禁ですね!
腕組みは、相手を拒否することですから、気をつけたいと思います。
私は難しい課題を考える時に、腕組みをする癖があるのですが
なんとかこれを直したいと思います。

あなたの表情が、聞き手の気持ちを左右します。また、聞いている人の表情も、あなたの気持ちを左右します。あなたの表情が、あなたの気持ちを左右します。また、あなたの気持ちも、あなたの表情を左右します。

相手が仏頂面で笑わないからといって
こちらの表情を硬くしなくてもよいはずです。
初対面でも、相手に笑いがなくとも
どんな時にも自分は笑顔を意識し、笑いかけましょう!
人はロ角を上げるだけで、脳内に幸せな気分になる分泌物が出ます。
相手だけでなく、自分を幸せにするためにも笑顔になるべきです。

まとめ

誰かとつながりたいと思ったら、相手に興味を持つことが鉄則です!
相手に関心をもち、強みにフォーカスし
それを褒めることで、人間関係を劇的に改善できます。
また、言葉だけではなく、態度や表情をよくすると
よりよい関係を一気に築けます。
口角を上げるだけでなく、目を意識して
とびっきりの笑顔で相手と接しましょう!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
      

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント