自分を不当に扱ったすべての人、とりわけ自分自身を許そう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

成功と幸福を手に入れるうえで、自分を不当に扱った人を許すことが重要である。なぜ自分を不当に扱った人を許す必要があるのか?その答えは、それが自分に恩恵をもたらすからだ。あなたは それを相手のためではなく自分のためにすべきなのである。それが正しいか間違っているかという問題ではない。自分を不当に扱った人を許すことは、心の平和につながる。(マーク・レクラウ)


photo credit: _angleal_ evelyn3 via photopin (license)

他者を許すとイライラを減らせる!

マーク・レクラウ習慣を変えれば人生が変わるの中で
他者だけでなく、自分を許すべきたと指摘します。
怒りと恨みは大切なエネルギーの浪費につながります。
憎しみを貯め、それを心の中で爆発させるのは不幸なことです。
いつまでも怒り続けて、自分をイライラさせて
夜、眠れなくなるなら、さっさと怒りをを捨てて
自分の気持ちを解放させるのです。

ダライ・ラマー4世に「中国によるチベット占領に怒りを感じるか?」と
ある記者が質問したところ、彼はこう答えたそうです。

とんでもない。私は愛をこめて中国を許している。中国に怒りを抱いても何の得にもならない。そんなことをしたところで中国政府は態度を変えないし、私は潰瘍を患いかねないから、中国の利益になるだけだ。(ダライ・ラマー4世)

自分を不当に扱った人にいつまでも怒りを溜め込んでも無意味なことを
ダライ・ラマー4世は理解していました。
ネガティブな感情を持ち続けるのは、自分をダメにしますから
たとえ、自分が不当に扱われたとしても、その人を許すようにしましょう。
イライラを爆発させると、結局は自分を不幸にしてしまうのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

習慣を変えれば人生が変わる [ マーク・レクラウ ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/8/4時点)

他者だけでなく、自分を受け入れ、許す!

「自分を不当に扱った人を許すが、けっして忘れはしない」と思っているかぎり、あなたはその人を許していないということだ。とりわけ自分を許そう。自分を許すことを覚えれば、他人を許すことは簡単になる。(マーク・レクラウ)

怒っていると感じたら、そんな自分を受け入れ
それを許してしまうのです。
自分の感情が乱れているなと感じたら
大きく深呼吸をして、気持ちを整えましょう。

怒っている自分を許すことで、心を平穏に保てます。
気持ちを落ち着かせることで、怒りがおさまり
他者への恨みや憎しみを減らせるようになります。
怒りそうになったら、深呼吸を繰り返し、怒りを爆発させないことです。
自分をコントロールできれば、他者との関係も改善し
幸せな気持ちになれます。

また、感謝の気持ちを持つことで、不平不満を減らせます。
嫌なことがあったら、今の自分の恵まれている状況を感謝しましょう。
感謝するで、気持ちがポジティブになり
自分のエネルギーを高めることができます。

まとめ

他者への恨みは自分を不幸にすると考え、相手と自分を受け入れましょう。
怒りが爆発しそうになったら、大きく深呼吸して
自分の感情をコントロールしましょう。
自分と相手を許すことで、イライラを減らせます。
また、感謝の気持ちを持つと、自分の幸せに気づけます。
感謝の気持ちが怒りや妬み、恨みを抑えてくれます。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る