心配ごとの94%をなくす方法。

習慣化

人生でたくさんの心配事を抱えてきたが、その大半が実際に起こらなかった。(マーク・トウェイン)


photo credit: homethods Calm Mind Mindfullness – Credit to https://homethods.com/ via photopin (license)

心配事の大半は起こらない??

私たちの脳はネガティブなことを考えがちですが
心配ばかりしていると今ここに集中できなくなります。
いくら心配しても、自分の過去と未来は変えることができませんし
現在をよりよくすることもできません。
逆に、心配ばかりすることで
本来楽しめるはずの今という時間を犠牲にしてしまうのです。

マーク・レクラウ習慣を変えれば人生が変わるの中で
ロビン・シャーマがセミナーで話す事例を紹介しています。
これは多くのビジネスパーソンに当てはまることだと思いますから
以下、紹介したいと思います。
ある管理職の自分の心配事を分析したところ
多くのことが杞憂であることがわかりました。
心配事の 54%→たぶん現実にはならないこと
26%→変えることのできない自分の過去の行為に関するもの
10%→他人の意見
4%→すでに解決した個人的な健康問題
6%→現実に注目する必要があったのもの。
なんとその男性を苦しめてきた心配ごとの94%が
リストに書き出すことでなくなったのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

習慣を変えれば人生が変わる [ マーク・レクラウ ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/8/4時点)

自分の心配事をリストアップしよう!

マーク・レクラウは心配事をリストアップして、分類するとよいと言います。
頭が心配事で支配される前に、自分に以下の質問を投げかけましょう。

自分の心配事を列挙しよう。どれが過去に関するものか?どれが未来に関するものか?どれが自分の力ではどうしようもないものか?
どれが自分の力でなんとかなるものか?(マーク・レクラウ )

過去のことを心配しても意味がありませんが
そこから学ぶことはできます。
過去の失敗に向き合い、その意味づけを変えることで
新たな気づきを得られます。
この作業を通じて、過去のトラウマを消し去ることで
心配事を減らせるようになります。

未来に関する心配は、理由を書き出し
自分の力ではどうしようもないことであれば、頭から追い出しましょう。
本当に自分が解決できるものだけが残ったら、そこに注力します。
課題を書き出し、解決策を思い浮かべるうちに、行動のヒントが見つかります。
本を読む、友人に相談する、勉強会に行くなど
小さな行動を開始することで、心配事を徐々に軽減できます。
大きなサラミの塊を小さく切り刻めば、心配事が大したことに思えなくなります。
未来の不安を取り除くために、このサラミスライス法を活用しましょう。

また、次のダライ・ラマの名言をアファメーションにすることで
自分のマインドをシフトできるはずです。

もし問題が解決できるなら、心配する必要はない。もし問題が解決できないなら、心配しても仕方ない。結局、どちらにしても心配したところで何の得にもならない。(ダライ・ラマ14世)

この言葉を知ってから、私の頭はポジティブになり
心配事を減らせるようになりました。

まとめ

多くの人は絶えず心配していますが、それは時間の無駄です。
心配事の94%は起こらないと考えると
自分のマインドをポジティブに変えられます。
頭の中から余計な情報を追い払うことで、今ここに集中できます。
心配事で頭を支配されそうになったら、それらを紙に書き出し
本当にそれを心配する必要があるのか?を質問してみましょう。
この作業を通じて、何をすべきかが見えるようになり
心配事の解決策が見つかるようになります。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント