会社の人脈だけでなく、戦略人脈が必要な理由。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

私たちが日々行う選択は、細胞の反応に直接影響する。どう動き、何を食べ、どう眠り、何を着るかによって、必ずそれに伴った結果が生じる。(ショーン・スティーブンソン)

photo credit: theledge80 _DSC8664 via photopin (license)

戦略人脈を築こう!

私たちの日々の選択が未来を変えてくれます。
何を食べ、どういう睡眠を取るかで健康が左右されます。
時間の使い方も同じで、悪いことに時間を費やすと未来を面白くできません。
一方、本を読んだり、勉強会に参加するなど
自分の時間を投資すれば、良い結果を得られるようになります。
また、付き合う人を変えたり、人脈を広げると
チャンスに恵まれるようになります。
狭い人脈に閉じこもるのをやめ、人脈を広げることを意識しましょう。

良い人脈が成功の早道だと言われますが
まずは、人脈づくりのために他者への貢献を考えるべきです。
自分の得にならなくても、人を紹介したり、マッチングをすることで
色々な人と連絡を取りあえるようになります。
これを繰り返しているうちに、良い話が自分の元に運ばれきます。
人脈のハブになると良い情報が自分の周りを流通しはじめるのです。

ハーバードビジネスレビューの論文を集めたマネジャーの教科書の中に
成功しているリーダーは戦略人脈を活用しているという記事が書かれていました。

人脈づくりに長けた人は、頼み事があろうとなかろうと、あらゆる機会を見つけては相手と連絡を取り合う。人脈は使ってこそ意味があり、また使うことでさらに広がっていく。まずはちょっとした頼み事から始めたり、知人と知人を紹介する仲介役になったりするとよい。とにかく何でもやってみることだ。何事もそこから始まり、自分も何かに貢献できるという自信が得られるだろう。(ハーミニア・イバーラとマーク・ハンター)

人脈には仕事上のネットワーク、個人のネットワーク
戦略上のネットワークがありますが
リーダーや経営者には戦略上のネットワークが必要なのです。

仕事上のネットワークや個人のネットワークに頼ってばかりだと
既存のアイデアからジャンプできないため
新たなビジネスを立ち上げたり、難しい課題を解決することができません。
今まで知り合えなかった能力のある人と出会うためには
開かれた人脈=戦略人脈を築く必要があるのです。
学校や会社など閉じた世界だけで生きるのではなく
自分にはないものを持った人たちとの関係を意識しましょう。
人の仲介役になることが戦略人脈を築く近道です。

 

自分の時間配分を変えて、戦略人脈に時間を使おう!

マネージャーは目先の仕事を優先しがちで、未来の人脈作りを怠ります。
しかし経営者やリーダーは未来の新しい仕事を生み出したり
多くの課題を解決するために人脈を広くしています。
彼らは新たな人脈づくりに自分の時間を使っているのです。

彼らは人脈のハブになるだけでなく
周りのハブの人たちと積極的に付き合い、人の紹介やマッチングを行います。
広い人脈を持つ人が、人脈を紹介しあうことで
新たな化学反応を起こしています。
情報や人が流通することで、新しいプロジェクトが次々に生まれます。
運が良い人はそういう場所に絶えず出入りし、チャンスをつかんでいくのです。

会社やプライベートばかりに時間を使うのではなく
面白い人たちが集まる勉強会などに時間を投資しましょう。
自分の時間を人脈づくりに投資する積極的な人たちと
仲良くなることで、自分の可能性を広げることができます。
会社や学校など閉じた世界に生きるのではなく
多様な人が集まる会に顔を出し、人を紹介することで
自分が会いたい人を紹介してもらえるようになります。
ビジネスのヒントやアイデアをたくさん持っている人たちと話すことで
戦略人脈がどんどん充実していきます。
この戦略人脈を持つことで、チャンスをもらえたり
難しい課題を解決できるようになるのです。

まとめ

仕事上のネットワーク、個人のネットワークばかりではなく
戦略上のネットワークを築きましょう。
この戦略上のネットワークが新しいビジネスの立ち上げや
難しい課題を解決してくれます。
今までの延長線上の人脈だけでなく
新たな人の出会いをデザインすることで、あなたの可能性が広がります。

      

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る