• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

全てをやろうとしたら切りがない。(ケビン・クルーズ)


photo credit: Neil. Moralee Candid Camera via photopin (license)

忙しくて自分の好きなことをする時間が作れない、ということは決してないはず。それは優先順位づけの問題にすぎないのだから。つまり、ふだんの一日の過ごし方を評価し、自分が尊重することに時間を捧げているかどうか。自分にとって本当に重要なことであれば、生活に組み入れる方法は見つかるものだ。(ジェシカ・ターナー)

時間を有効活用するための朝一の儀式

ケビン・クルーズ1440分の使い方を再読しています。ケビン・クルーズジェシカ・ターナーが指摘するように時間の使い方は自分で決められます。全てをやろうとしたら切りがありませんから、本当に自分のやるべきことを明確にし、それに時間を使うべきです。そのためには、理想の1日を書き出し、自分の時間の使い方を評価してみましょう。私は朝起きた時に今日やるべき、3つの重要なタスクを書き出します。そして、そのタスクを仕上げている自分をイメージします。目標達成しているポジティブな自分のイメージを潜在意識にすりこむことで、そのタスクを実現したと脳が錯覚します。朝のイメージングによってやる気が湧き、タスクに集中できるようになります。朝一に今日やるべきことを決めることで、ダラダラ過ごさなくなり、時間を有効活用できるのです。この朝の儀式によって、自分の生産性を高められます。また、やらないことを決めることで気持ちが楽になります。重要ではないタスクをあきらめる勇気を持って、ストレスを抱えないようにしましょう。

自分のために時間を使おう!

適当なところで切り上げる習慣を身につけなくてはならない。やるべきことは常にいくらでもあるのだから。ひとたびこの習慣を身につければ、様々なことがやりやすくなったと気づくだろう。運動に取りかかるのも、まともな時間に家族の待つ家へ帰るのも、罪悪感を覚えることなく自分のために時間を使うのも、今より楽になるはずだ。

やるべきことは常にいくらでもありますが、それに囚われていると自由な時間を過ごせなくなります。毎日、残業すればよいと考えると遅くまで働くことが当たり前になり、時間当たりの生産性を下げてしまいます。やるべきことは常に山ほどあると理解し、時間の配分を見直せば、家族や友人と過ごす時間を増やせます。仕事だけの人生では気持ちが休まりませんし、すぐに限界が訪れます。視点が狭くなることで、他人とぶつかったり、面白いアイデアが浮かばなくなります。オーバーワークで睡眠不足になり、パフォーマンスが下がると結果を残せなくなります。

適当なところで切り上げ、睡眠や休息、運動に時間を使い、心と体の健康を保ちましょう。仕事仲間だけと付き合うのではなく、色々な人と交流することで新たなアドバイスを得られたり、タスクを解決する人脈を紹介してもらえます。自分の時間を全て使って、仕事をするのではなく、今ここに集中してさっさと仕事を終わらせ、自分の人生を楽しむようにしましょう。

まとめ

自分にとって何が重要なタスクか?を絶えず考えるようにしましょう。人は多くのタスクを抱えすぎ、本当に大切なことに時間を使えなくなっています。やらなくてもよい仕事をするのをやめ、もっとも重要なタスクに集中しましょう。自分の人生を楽しむと決め、自分の時間配分を考えると仕事だけでなく、家族や友人との時間も楽しめるようになります。

      

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

参考サイト
http://column.bizright.co.jp/
 

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る