本田健氏のきっと、よくなる!2の書評

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自分の人生を変える質問をいつも用意しておくことです。自分を動機づけたり、幸せにしたり、新しいことをマスターしたりできるように、良質な誘導尋問を朝から晩まで繰り返してください。すると、その質問の答えとして、いろんな情報が引き寄せられるようになります。(本田健)


photo credit: Toolstotal Innovation – Credit to https://toolstotal.com/ via photopin (license)

自分の豊かさを共有しよう!

本田健氏のきっと、よくなる!2を再読していますが、本書を読むと自分をよくするためにできることがたくさんあることに気づけます。そのうちの一つが自分によい質問をすることだと本田健氏は述べています。私は毎朝自分への8つの質問を心がけることで、思考と行動を変えるこちができました。「昨日よりよい人生を送るために今日何をするか?」「今日も他者への貢献を意識できるか?」などの質問を朝起きると同時に行うことで、モチベーションが高まります。今日1日を昨日よりよくしようと思うことで、積極的に動けるようになります。自分への質問を習慣にすることで、私は朝からスタートダッシュを切れるようになりました。よい質問が自分にイノベーションを起こすきっかけになるのです。

自分の中に豊かさを見つけ、それを他者のために活用することで、私たちはより幸せになれます。自分は豊かではないと否定するのではなく、自分の中の豊かさにフォーカスしてみましょう。

豊かさというものは、分かち合うと増えていきます。他の人たちに流せば流すほど、あなたにも豊かさが流れ込んできます。あなたのもっているよいものを他の人と分かち合ってくださ い。たとえばよい情報を聞いたら他の人にお知らせする、すばらしい集まりにはまわりの友人をさそってあげる、機会を見つけて力ードを送ったり、お見舞いの電話をしてあげるなど、あなたが人と分かち合えるものはたくさんあるでしょう。自分にはたくさん分かち合うものがあると気づくことが、豊かさへの入り口です。

自分が持っている情報をシェアしたり、友達を紹介する、街中のゴミを拾うなど人を豊かにできることはたくさんあります。豊かさを共有するという考えを身につけると幸せになれます。自分が持っている物を何でも分かち合おうという心の広さをもち、自分ができることはケチらずにやってあげようというマインドセットを身につけるのです。

あなたが自由にお金とつきあいたいのなら、お金のことを忘れて、自分を自由に分かち合ってください。才能、お金、行動力を縁ある人と分かち合うのです。

損得勘定を抜きにして、他者への貢献を続けるとよいことが起こるようになると本田健氏は指摘します。

幸せなお金持ちが引き込む五つの流れ

私は、「豊かさは、流れだ」と考えています。

本田健氏は、「豊かさは、流れだ」と述べています。幸せなお金持ちは、以下の五つの流れを上手に自分の人生に引き込んでいるという共通点があります。
■人の流れ
■情報の流れ
■チャンスの流れ
■お金の流れ
■感謝の流れです。
一つ目流れは「人」です。長くお金持ちでいられる人は、まわりの人をとても大事にしています。彼らはいい情報は人を介してやってくることを知っているからです。自分の力だけでは、運を高めることはできません。よいことは周りの誰かが運んできてくれます。人との関係をよくすることが豊かになるためには欠かせないのです。二つ目の流れは「情報」です。つきあっている人の質がよければよいほど、情報の質も上がります。ひとつの情報を得ることで、人生が激変することがあります。やりたいことを意識することで、欲しい情報にも敏感になれます。三番目は、「チャンス」です。人と情報の流れに乗って、チャンスもやってきます。私も今までになんども周りの人からよい情報をもらい、それがチャンスを変えることができました。仲間との何気ない会話の中にチャンスを見つけることで、ビジネスがうまくいき始めます。四番目の流れは「お金」です。チャンスの流れを引き込めるようになると、それと一緒にお金も自分の元へやってきます。いろんな流れを受け取ったあと、今度はその流れを、他者へ回せるかを試されます。自分の所にやってきた人、情報、チャンス、お金の流れをひとり占めしていてはいけないと本田氏は指摘します。四つの流れを止めないために、周りの仲間にその流れをパスするようにするのです。うまくまわりの人に流れを渡せるようになると周りの人たちから感謝されるようになります。五つ目の「感謝」の流れによって、私たちは幸福度をアップできます。もらうだけでなく、自分から五つの流れを少しずつ生み出すことで、私たちはより幸せになれるのです。

まとめ

自分の大好きなことは何かを意識し、それを仕事にして周りの人に貢献しましょう。自分がが楽しいこと、ワクワクすることを少しずつ始めてみると日々の暮らしが変わり、よいことが起こるようになります。人、情報、チャンス、お金の流れを大事にし、周りの人に四つの流れをパスすると感謝を受け取れます。感謝と同時によいことがどんどん引き寄せられるようになり、豊かな人生を送れるようになります。

        スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13  

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

参考サイト
http://column.bizright.co.jp/
 

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る